× 閉じる

トップ > アジア > 中国 > 北京特派員 > No.1 個人旅行でも楽しめる北京ダック

中国中国/北京特派員ブログ

No.1 個人旅行でも楽しめる北京ダック

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2017年11月 9日

はじめまして。「地球の歩き方」中国/北京特派員ブログを担当することになりましたbyronkoです。主人の転勤で北京に住みはじめて3年になります。
北京は、歴史的にも文化的にも興味深い都市です。中国のことをあまり知らなかった私でも、万里の長城や紫禁城を訪れて、「なんて雄大な文化のある国なんだろう!」と感動しました。北京は日本の四国と同じくらいの面積です。この十数年の間に、急速に都市開発が行われ、広大な土地に近代的なビルが立ち並ぶようになりました。


生計や教育のため、あらゆる国の人々が生活しています。中華料理だけでなく、イタリアン、ロシアン、メキシコンなど、さまざまな外国料理のレストランを見かけるたびに、北京が国際的な首都であることを実感します。もちろん、東京やニューヨークのような大都市とは異なる一面も。例えば、中医学の薬局や、中国将棋をさす人々と見物人の風景など、脈々と続く中国の伝統文化を垣間(かいま)見ることができます。


北京を訪問する方に、ぜひ召し上がっていただきたいのが、北京ダックです。専門店がたくさんあり、お店によって味も違います。通常、北京ダックは調理に時間がかかるので、前もって「1羽」、「2羽」、「半羽」など予約しておかなければなりません。そのため、個人旅行の方には、少しハードルが高い料理と言えます。


今回は、個人旅行の方でも楽しめるお店「小大董(シアオダードン)」をご紹介したいと思います。予約せずに、カジュアルにお食事できます。

beijing2.jpg

「小大董」は、北京ダック専門店「大董」の姉妹店。
ショッピングモール「北京僑福芳草地購物中心(Parkview Green FangCaoDi)」(以下、「芳草地」)の地下2階にあります。

beijing5.jpg

119元の北京ダック・セット。(2017年10月現在)

beijing4.jpg

北京ダックの1番美味しいところは、身ではなく、皮。
こんがりとして、ジューシーな皮に、甜麺醤か砂糖だけを付けて、味わってみましょう。
次に、「餅(ビン)」(=薄い円形のパンケーキ)に薬味、ソース、北京ダックを乗せて、包んで食べてみましょう。

beijing1.jpg

セットには、前菜4種、ダック・スープと綿菓子が含まれています。
byronkoが食事した時の前菜は、枝豆、骨つきポーク、ベジタリアンミート(豆腐)、塩漬け卵でした。
白濁のダック・スープは、コクがあって、滋養がある感じ。
綿菓子は、大人でもワクワクするものです。

beijing3.jpg

「小大董」のある「芳草地」には、さまざまな近代アートが飾られています。
中国の近代アートの傾向がわかるので、一見の価値があるショッピングモールです。


【お店の詳細情報】
店名:小大董
住所:東大橋路9号 北京僑福芳草地購物中心 LG2階
電話番号:(市外局番010)8563-0016
営業時間:月曜日〜日曜日 11:00〜22:00
ウェブサイト:「大衆点評」の情報

行き方:
地下鉄6号線「東大橋(ドンダーチアオ)」駅を下車。
A口を出て、大通りを向いた状態で、左側へ進みます(南下します)。
大通りの名前は「東大橋路」。
すぐに大きな横断歩道が出てきます。
その横断歩道を2回(逆L字を描くように)渡ります。
しばらく南下を続けると、右側に「芳草地」が出てきます。
駅から徒歩で約10分。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

byronko

中国・北京特派員のbyronkoが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

中国中国/北京特派員
名前:byronko

byronko

主人の転勤により、2014年7月に北京生活を開始しました。怠け者で臆病者なのですが、良き友人と主人に恵まれて、ほどよく北京を楽しんでいます。住んだことのある地域は、アジアとアメリカ大陸。キャンディークラッシュを執拗に続けており、2017年10月現在はレベル2810。自身のブログでは、日々の気になることを書いてます。http://thewordisgreat.hatenablog.com DISQUS ID @disqus_S7VDT6ovO0

北京特派員トップにもどる

その他の中国の特派員

ペキン(北京)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

北京特派員トップにもどる

トップ > アジア > 中国 > 北京特派員 > No.1 個人旅行でも楽しめる北京ダック