トップ > アジア > タイ > バンコク3特派員 > 気軽に参加、鑑賞できるタイの伝統行事「ローイクラトン祭り」 ~バンコクの公共公園2拠点をご紹介

タイタイ/バンコク3特派員ブログ

気軽に参加、鑑賞できるタイの伝統行事「ローイクラトン祭り」 ~バンコクの公共公園2拠点をご紹介

カテゴリー:お知らせ / イベント・行事・お祭り / 文化・芸術・美術 / 生活・習慣・マナー / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年11月 9日

タイの伝統行事「ローイクラトン(タイ語:ลอยกระทง、英語:Loy Krathong)祭り」が行われる日が近づいてきましたので、今回は「ローイクラトン祭り」についてご紹介したいと思います。

picture201ctitle.jpg 「ローイクラトン祭り」の開催時期

「ローイクラトン祭り」とは、タイ王国全土で、タイの旧暦の12月半ば頃に開催される行事です。旧暦と現在の暦が異なるため、毎年開催される日付が異なってきます。現在の暦では、毎年11月に行われる行事になります。ちょうどこの頃は雨季が終わった頃で、河川の水質がよく、水量も多い時期にあたります。また、満月の日の前後、すなわち、明るい夜に開催されることになっています。今年(2018年)の開催日は、11月23日(金)の予定です。


「ローイクラトン祭り」の目的と内容

「ローイクラトン祭り」は、13世紀、タイ王国スコータイで発祥したとされており、長い歴史があります。人々が川岸に集まり、川の女神(プラ・メー・コンカー、พระแม่คงคา)へ感謝と謝罪の意を込めて、蓮のお花の形をした「クラトン(灯篭)」を流します。クラトンには、1本のロウソクと3本の線香を立てる他、徳を積む意味も込めてお金を入れたり、良くないことがなくなるように、自らを清めるべく、髪の毛、爪を入れる人もいます。このようにクラトンには様々な思いを込めて放たれます。そして、流したクラトンが遠く見えなくなるまで見守ります。


クラトンの入手先 picture202c.jpg

毎年、「ローイクラトン祭り」前日位から、タイでは、クラトンが至るところで販売され始めます。クラトンは、バナナや椰子の葉、パン等から作られたものに、お花と線香、ろうそく等で飾り付けをします。環境保全の観点から発泡スチロールなど合成樹脂から作られたクラトンが問題視されるようになり、自然に戻る素材のクラトンが推奨されています。手づくりする人もいます。


「ローイクラトン祭り」の開催場所

タイの首都バンコクでは、チャオプラヤー川沿いの船着場周辺、公共公園等の園内の池周辺でクラトンを流す光景を目にすることができます。その他、コンドミニアムによっては、プールでクラトンを流せるようにしているところもあります。当日は、多くの人が「ローイクラトン祭り」に参加するため、渋滞が起きやすいです。「ローイクラトン祭り」が行われる場所には、ものすごい数の人が集まります。それだけ、タイの人々にとって、大切な伝統行事だということが窺えますね。


バンコク都内で、駅から比較的近く、気軽に「ローイクラトン祭り」を鑑賞したり、参加できる公園を以下にご紹介しておきます。この2つの公園は、日本の身近な公共公園と比べると広いですが、バンコク都内の他の公共公園に比べるとさほど広くないので、園内で出口が分からなくなる心配もほぼないでしょう。2つ目にご紹介するベンジャシリ公園は、駅下車徒歩すぐというアクセス抜群の立地のため、非常にたくさんの人が集まります。足場がぬかるんでいることもあるので、歩きやすい靴でお出かけすることをお薦めします。少し、人が少ない環境を望まれる方は、最初にご紹介するベンジャキティ公園がお薦めです。


この日に、タイ旅行を予定されている方は、是非、このタイの伝統行事「ローイクラトン祭り」をご覧になってみてはいかがでしょうか。

picture203c.jpg

ベンジャキティ公園(Benjakitti Park、タイ語:สวนเบญจกิติ)

アクセス: BTSアソーク駅、MRT(地下鉄)スクンビット駅から徒歩約10分。アソーク駅からMRTクイーンシリキットナショナルコンベンション・センター駅方向に歩いていくと右手に見えてきます。クイーンシリキットナショナルコンベンションセンター駅からも徒歩圏内)。※当日は、人通りも多くなるので、さほど心配しなくてもよいかもしれませんが、アソーク駅から歩いていく道中、浮浪者に出くわすこともあります。トラブルに巻き込まれないよう、念のため、いつでも逃げられるようにする等、気を付けるようにしましょう。

住所: Ratchadaphisek Rd., (between Rama IV Road and Sukhumvit Road), Khwaeng Khlong Toei, Khet Khlong Toei, Bangkok, 10110, Thailand

開園時間:5時~21時


picture204c.jpg

ベンジャシリ公園(Benchasiri Park、タイ語:สวนเบญจสิริ)

アクセス: BTSプロンポン駅6番出口から徒歩1分。スクンビット通り沿い。高級百貨店「エンポリアム」の隣(アソーク駅側)。

住所:Sukumvit 22-24 Sukumvit Rd., Klongtan Klongtoei, Bangkok, 10110, Thailand

開園時間:5時~17時


以下のにほんブログ村のブログランキングに参加しています。

1日1回有効で、皆様のクリックで投票されます。

にほんブログ村 旅行ブログ バンコク旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村

ランキングへの応援クリックは、皆様からの評価と受け止めています。

いつもありがとうございます<(_ _)>

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Taeko

タイ・バンコク3特派員のTaekoが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

タイタイ/バンコク3特派員
名前:Taeko

Taeko

大阪府出身。大学で国際開発・環境問題について学び、大学院で自然環境の再生・創造、環境学習について研究。その後、環境保護団体で勤務(総務・編集業務を担当)を経て、2011年10月から、夫の転勤で、タイのバンコク在住。来タイ後、お菓子・パン作り、写真撮影等の勉強を始める。現在は、タイ語習得及びタイ社会の理解に向けて邁進中。空いた時間に、風景や手作りの食べものを中心に、写真撮影を行っている。
Facebook DISQUS ID @disqus_hbNr1hZAk5

バンコク3特派員トップにもどる

その他のタイの特派員

バンコクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バンコク3特派員トップにもどる

トップ > アジア > タイ > バンコク3特派員 > 気軽に参加、鑑賞できるタイの伝統行事「ローイクラトン祭り」 ~バンコクの公共公園2拠点をご紹介

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について