トップ > アジア > タイ > バンコク2特派員 > エコバッグ持参がおすすめ!脱プラスチックの動きが進んでいます【バンコク】

タイタイ/バンコク2特派員ブログ

エコバッグ持参がおすすめ!脱プラスチックの動きが進んでいます【バンコク】

カテゴリー:お知らせ / ショッピング・雑貨・お土産 投稿日:2019年3月13日

2018年頃から、バンコクでは脱プラスチックの動きが目立つようになりました。
例えば飲み物を購入すると、必ずといっていいほどストローがついてくるバンコクですが、このプラスチック製のストローを廃止、または紙製や繰り返し使える金属のストローへ移行するカフェやレストランも現れています。

19-09-01.jpeg
レジのビニール袋についても大きな変化が見られます。お土産などのショッピングでスーパーマーケットやデパートを訪れる機会があるかと思いますが、その際、ぜひエコバッグ(マイバッグ)の持参をおすすめします。
というのも、各店舗では、毎月決まった曜日や日にちに「脱・プラスチックバッグ」運動が行われているからです。これは、レジのビニール袋の提供がされない日となっていて、いわゆる「NO レジ袋」の日です。日本ではもうおなじみですね。
店舗によって開催されているタイミングは様々で、在住者の私ですらなかなか覚えられません。先日は、うっかり「NO レジ袋」の日に1.5リットルの水(6本パック!)を買ってしまい、大変な目にあいました。日本だと、一枚いくらでビニールを購入できる場合がありますが、そのスーパーではそういった選択肢はありませんでした。
代わりに空のダンボールをくれたので、そこに水を入れてヘトヘトになりながら帰宅しました。ダンボールを持ったのは夫ですが...。

皆様も、旅行中にこういった目に遭わないように、ぜひエコバッグを携帯しつつ、バンコク旅行をエンジョイしてください☺︎

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

marie

タイ・バンコク2特派員のmarieが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

タイタイ/バンコク2特派員
名前:marie

marie

タイで働くことになった夫と共に日本を離れ、現在バンコクで暮らしています。炭火で焼いた数十円の焼き鳥の屋台があるかと思えば、その後ろには華やかで現代的な高級デパートがそびえ立つバンコク。消えていくものと新しく始まるもの、そして静と動も混在し、多彩な表情を持つタイの首都。歩いて見つけた街角のワンシーンから不動の名所まで、バンコクの旬なワンシーンをお届けします。趣味はバンコク散歩 ➡Sukhumvit Diary DISQUS ID @disqus_eNeKLKBL23

バンコク2特派員トップにもどる

その他のタイの特派員

バンコクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バンコク2特派員トップにもどる

トップ > アジア > タイ > バンコク2特派員 > エコバッグ持参がおすすめ!脱プラスチックの動きが進んでいます【バンコク】

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について