トップ > アジア > タイ > バンコク2特派員 > バンコクのハロウィーン風景〈2018〉

タイタイ/バンコク2特派員ブログ

バンコクのハロウィーン風景〈2018〉

カテゴリー:イベント・行事・お祭り 投稿日:2018年11月 1日

〈記事更新:ハロウィーン当日、夜の様子を追加〉

さて、10月31日といえばハロウィーンですね。日本では、既にクリスマスに迫るような勢いを感じるイベントとなっているのでしょうか。

当日となったこの日、みなさまいかがお過ごしですか?私自身はハロウィーンを祝う習慣がないのですが、バンコクでの様子をちらっとお届けしたいと思います。


BTSプロンポン駅周辺の飾り付け

クラブなどの屋内施設では、おそらくどこの国でもイベントとして盛り上がる事と思われますので、今回は街中の様子をレポートします。

毎年クリスマスには、インパクトがあってダイナミックな飾り付けで賑わうスポットの一つが、BTSプロンポン駅の周辺です。「エムクオーティエ」を始め、3つのデパートが集結する場所であり、常にイベントが開催されているのでは?と思うほど賑やかな場所です。
この時期は、お子様も喜びそうなハロウィーンのコーナーが出現していました。
18-73-1.jpeg
このスポットで写真を撮る方々も多くいらっしゃいますが、色々な国籍の方がポーズをとっているのがバンコクらしい風景のように思います。昨日30日の時点では、特にコスプレをしている姿も見かけず、日本に比べると比較的静かに楽しんでいる方が多い印象です。



ショッピングモールでの風景

10月最後の週末となった先週末に、巨大なショッピングモールの「メガ・バンナー」という施設へ出掛けてきました。
18-73-3.jpeg
国際的な家具メーカーの「IKEA」なども入居する、かなり大規模な複合施設なのですが、ハロウィーンの飾り付け自体はそれほど多くはない印象です。インフォメーションカウンターのスタッフさんが、ゾンビ風メイクをしつつもにこやかに応対してくれるという微笑ましい一幕もありましたが、一般の来場者にはコスチュームをつけた方はやはり見当たらず。
18-73-2.jpeg
広場の一角に、ハロウィーンコーナーが出来ていましたが、特に人だかりも出来ていませんでした。施設が巨大なだけにハロウィーンももっと盛大なのでは?という予想が外れてしまった感がありました。もしかすると、このタイミングだと31日の本番にはまだ早かっただけかもしれませんね。




街中を歩いて目にする限りでは、店舗によってハロウィーンの飾り付けを施しているところもチラホラ見受けられました。ハロウィーン風のお面や飾りを販売する露店も、数年前より見かけるようになりました。熱狂的に、というよりは、総じて「風物詩の一つ」として楽しんでいるような印象ですが、2015年、2016年には飾り付けがされていなかった場所で、ジャックオーランタンを目にしたりすることもしばしば(2017年は自粛傾向)。今後、バンコクでもどんどん広がりを見せていくイベントなのでしょうね。

〈ハロウィーン当日:夜間の様子〉

31日の夜、上記記事で取り上げた「プロンポン」周辺に出かけてみました。平日だったこともありますが、街は比較的静か。路上で騒ぐ方も見かけませんでした。ただ、夜も更けてくるとコスチュームをまとった方々がちらほら。何処かのハロウィーンイベントの帰りといったところでしょうか。

コスチュームの方は割引します、というビールバーもあり、店内ではハロウィーンの雰囲気を味わうことができましたよ。

以上、バンコクのハロウィーンについてミニレポートでした☺︎

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

marie

タイ・バンコク2特派員のmarieが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

タイタイ/バンコク2特派員
名前:marie

marie

タイで働くことになった夫と共に日本を離れ、現在バンコクで暮らしています。炭火で焼いた数十円の焼き鳥の屋台があるかと思えば、その後ろには華やかで現代的な高級デパートがそびえ立つバンコク。消えていくものと新しく始まるもの、そして静と動も混在し、多彩な表情を持つタイの首都。歩いて見つけた街角のワンシーンから不動の名所まで、バンコクの旬なワンシーンをお届けします。趣味はバンコク散歩 ➡Sukhumvit Diary DISQUS ID @disqus_eNeKLKBL23

バンコク2特派員トップにもどる

その他のタイの特派員

バンコクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バンコク2特派員トップにもどる

トップ > アジア > タイ > バンコク2特派員 > バンコクのハロウィーン風景〈2018〉

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について