トップ > アジア > タイ > バンコク2特派員 > 住所表記で見かける「ソイ(Soi)」ってなあに?【タイ・バンコク】

タイタイ/バンコク2特派員ブログ

住所表記で見かける「ソイ(Soi)」ってなあに?【タイ・バンコク】

カテゴリー:生活・習慣・マナー 投稿日:2018年10月30日

タイ・バンコク旅行でレストランなどの住所を確認する際、「Soi(ソイ)」という表記をよく目にするのではないでしょうか。「Soi(ソイ)」は、知っているとちょっと便利、そしてバンコクの町歩きが楽しくなる単語です。
18-71-1.jpeg


「Soi(ソイ)」は小道のこと



「ソイ(Soi)」は、小道(脇道)を指す、タイの言葉です。大通りのことを「タノン(Thanon)」と言いますが、その「タノン」から派生している通りのことを「ソイ」と呼びます。
タクシーに乗車した際、行きたい通りのことを「◯番」と番号で伝えるのではなく、行きたい施設の名称や、「ソイ◯」と伝えるのが一般的です。

「ソイ」は奇数側と偶数側に分かれています。それぞれ、別の大通りにつながっている場合もあれば、どこにもつながらずに行き止まりのこともあります。行き止まりのソイも少なくないため、目的地まで位置的には近くても、かなり遠回りしなくてはならないのがちょっと不便な点ではあります。
南国の花がお庭に茂る落ち着いた住宅街を走るソイ、ローカルな屋台が並ぶ活気あるソイ、おしゃれなカフェが並んでいるソイなど、「ソイ」ごとに表情が違うのも面白いところです。

一見わかりにくい場合もありますが、ソイにはレストランなどもひっそりと佇んでいます。
このソイに潜んでいるのは...
18-71-2.jpeg

人気のクラフトビールショップ。暗くなると、看板が暗闇に紛れてちょっとわかりにくいのですが、中はとてもスペースの広いバーレストランです。
18-71-4.jpeg

こちらは別の町。このソイの奥を進むと、雰囲気のあるホテルが。いつかこのブログでもご紹介したいと思います。18-71-3.jpeg


夜間の街灯がかなり少ないソイも有りますので、暗くなってからむやみに用のないソイに入るのは避けたほうが良いかと思います。場所によって野犬が集まっているソイもあるようです。

バンコクの地図をみると、細いソイや短いソイがひしめきあっているのがわかります。碁盤の目状の街も良いですが、個人的にはこういった地図も味があって好きです。お出かけ前に、ちょっと地図上で場所をチェックしてみるのも面白いですね☺︎

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

marie

タイ・バンコク2特派員のmarieが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

タイタイ/バンコク2特派員
名前:marie

marie

タイで働くことになった夫と共に日本を離れ、現在バンコクで暮らしています。炭火で焼いた数十円の焼き鳥の屋台があるかと思えば、その後ろには華やかで現代的な高級デパートがそびえ立つバンコク。消えていくものと新しく始まるもの、そして静と動も混在し、多彩な表情を持つタイの首都。歩いて見つけた街角のワンシーンから不動の名所まで、バンコクの旬なワンシーンをお届けします。趣味はバンコク散歩 ➡Sukhumvit Diary DISQUS ID @disqus_eNeKLKBL23

バンコク2特派員トップにもどる

その他のタイの特派員

バンコクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バンコク2特派員トップにもどる

トップ > アジア > タイ > バンコク2特派員 > 住所表記で見かける「ソイ(Soi)」ってなあに?【タイ・バンコク】

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について