トップ > アジア > タイ > バンコク2特派員 > 果物の女王!真っ白な果肉のマンゴスチン【バンコクの果物】

タイタイ/バンコク2特派員ブログ

果物の女王!真っ白な果肉のマンゴスチン【バンコクの果物】

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2018年7月10日

東南アジアが原産の果物「マンゴスチン」。
日本では、なかなかお目にかかれない、タイの果物の一つです。バンコクでは、5、6月ごろからその姿を目にします。
価格帯は、道端の出店や果物屋さんの店頭では、キロあたり100バーツ前後で販売されていることが多いです。現在のレートでは、日本円で約330円。先日、大小取り混ぜて3、4個購入してみたところ、40バーツ(約130円)でした。
mangosteen1.jpg


果物の女王と呼ばれるマンゴスチン



「果物の女王」として知られているマンゴスチンですが、そもそもの由来は、大航海時代のこと。
当時、ヴィクトリア女王が「我が領土にあるマンゴスチンをいつも味わえないのは遺憾である」と言われたことが発端という説が有名です。
余談ですが、「果物の王様」として知られているのが「ドリアン」なので、どちらも東南アジアの果物というのはちょっと面白いですね。


染料にも使われています



マンゴスチンの果肉は真っ白ですが、外皮は渋みのある赤茶色です。色素としても用いられているそうなので、くれぐれも食べるときには衣類への着色に気をつけてくださいね。
ホテルのお部屋で食べる場合は、ベッド周りのリネンなどにもご注意を。



真っ白な果肉が爽やか!



皮の中から現れるのは、真っ白な果肉。例えるのが難しいほど、食感は繊細で爽やかな甘みです。チュルッとしていて美味しいですよ。
種も有りますが、これは食べられません。実際の可食部分は少ないながらも、とても満足度が高いフルーツです。機会があれば、ぜひ一度はトライしてみてくださいね!
mangosteen2.jpg


賞味期限が短い果物



厚い皮に覆われてはいるものの、足が早いのがマンゴスチン。
何日も置いておくと、果肉が白から透明に変化してしまい、本来のフレッシュな食感が失われてしまいます。
コロンとした可愛らしい見た目なので、つい長く鑑賞していたくなりますよね。私も数日部屋に置いて楽しんでいたのですが、やっと冷やして食べる頃には透明度がぐっと増して、独特の繊細さがなくなっていたという失敗をしたことがあります。
ご購入の際は、ぜひ美味しいうちに召し上がってくださいね。冷蔵庫で冷やしてから食べると一層美味しいのでおすすめです☺︎

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

marie

タイ・バンコク2特派員のmarieが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

タイタイ/バンコク2特派員
名前:marie

marie

タイで働くことになった夫と共に日本を離れ、現在バンコクで暮らしています。炭火で焼いた数十円の焼き鳥の屋台があるかと思えば、その後ろには華やかで現代的な高級デパートがそびえ立つバンコク。消えていくものと新しく始まるもの、そして静と動も混在し、多彩な表情を持つタイの首都。歩いて見つけた街角のワンシーンから不動の名所まで、バンコクの旬なワンシーンをお届けします。趣味はバンコク散歩 ➡Sukhumvit Diary DISQUS ID @disqus_eNeKLKBL23

バンコク2特派員トップにもどる

その他のタイの特派員

バンコクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バンコク2特派員トップにもどる

トップ > アジア > タイ > バンコク2特派員 > 果物の女王!真っ白な果肉のマンゴスチン【バンコクの果物】

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について