× 閉じる

トップ > アジア > タイ > バンコク2特派員 > しっとりとした旨味がたまらない!コームヤーン【バンコク屋台グルメ】

タイタイ/バンコク2特派員ブログ

しっとりとした旨味がたまらない!コームヤーン【バンコク屋台グルメ】

カテゴリー:お題 / レストラン・料理・食材 投稿日:2018年5月25日

タイの東北地方(イサーン)のお料理、「コームヤーン」。
豚の首や喉あたりの部位のお肉に、下味をつけて焼いたものです。適度に脂がのっていて、タレと一緒に食べるとジューシーさが引き立ちます。
komyan.jpg


タイ語で「コー」は首、「ムー」は豚、「ヤーン」は焼く、という意味です。以前、「ガイヤーン」を取り上げたことがありましたが、あれは「焼いた鶏」という意味のお料理名です。
「ガイヤーン」それは炭火でグリルされた美味しい鶏肉のこと【バンコク】



コームーヤーン、英語ではgrilled pork neckと書かれていることもあるので、比較的見つけやすいと思います。
イサーン料理のレストランだけでなく、屋台やフードコートでも提供されているので、頼みやすいメニューです。価格は場所にもよりますが、一人分でだいたい50〜60バーツ前後。しっかりと食べ応えのある豚肉にもかかわらず、日本円で200円以下というのは嬉しいですね。
ところで、レストランで食べると(イサーン料理)、生野菜を提供してくれることが多いです。フードコートなどでコムヤーンを持ち帰りにした場合も、野菜をつけてくれるところが多く、タイらしいなあと感じます。
冷めても美味しいコームーヤーン。出来たては脂がジューシーでとにかく美味!ぜひバンコク旅行の際におすすめしたいメニューです☺︎

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

marie

タイ・バンコク2特派員のmarieが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

タイタイ/バンコク2特派員
名前:marie

marie

タイで働くことになった夫と共に日本を離れ、現在バンコクで暮らしています。炭火で焼いた数十円の焼き鳥の屋台があるかと思えば、その後ろには華やかで現代的な高級デパートがそびえ立つバンコク。消えていくものと新しく始まるもの、そして静と動も混在し、多彩な表情を持つタイの首都。歩いて見つけた街角のワンシーンから不動の名所まで、バンコクの旬なワンシーンをお届けします。趣味はバンコク散歩 ➡Sukhumvit Diary DISQUS ID @disqus_eNeKLKBL23

バンコク2特派員トップにもどる

その他のタイの特派員

バンコクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バンコク2特派員トップにもどる

トップ > アジア > タイ > バンコク2特派員 > しっとりとした旨味がたまらない!コームヤーン【バンコク屋台グルメ】