× 閉じる

トップ > アジア > タイ > バンコク2特派員 > 暁の寺「ワット・アルン」はバンコクの三大寺院の一つです

タイタイ/バンコク2特派員ブログ

暁の寺「ワット・アルン」はバンコクの三大寺院の一つです

カテゴリー:お題 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年3月 6日

ワット・プラケオ、ワット・ポーに続くバンコクの三大寺院、「ワット・アルン」
今回は、2017年8月に改修工事が終わった「暁の寺」、ワット・アルンについてお届けします。本格的な雨季の到来の前におすすめしたいスポットです。
watarun1.JPG



ワット・アルン「暁の寺」とは


タイ語の「ワット」はお寺、「アルン」はという意味です。
お寺の名称は時代とともに変遷を経て、現在の「ワット・アルン」と呼ばれるようになったのはラーマ4世時代になってからだそう。三島由紀夫の小説「暁の寺」の舞台としても知られている、チャオプラヤー川沿いのお寺です。その姿は、現在の10バーツ硬貨にも描かれています。
watarun0.jpg



2017年に改修工事が終了


2013年から始まり、長くかかっていたワット・アルンの改修工事。これまでは、せっかくバンコクに行ったのに、下の写真のような光景だった方もいらっしゃるのではないでしょうか。
watarun_3.jpg

2017年の8月から徐々に工事が終わり、ワット・アルンが新しい姿を見せました。以前と比べると、全体的に白くなったと言われています。
リピーターの方は、以前の写真と比べてみるのも面白いですね。
watarun5.JPG watarun4.JPG

色とりどりの陶器で装飾されています。
watarun7.JPG

watarun11.JPG


【服装】
お寺ということで、拝観時の服装にはご注意を。キャミソールやショートパンツなど、露出の高いスタイルは避けましょう。



【拝観料金】
ワットアルンの入り口で50バーツを支払います。


【交通手段】
ワット・アルンの近隣には、電車(BTSやMRT)の駅がありませんので、タクシーやボートでのアクセスが一般的です。
チャオプラヤー川周辺には観光スポットも多いのでトゥクトゥクも頻繁に走っていますが、他の交通手段に比べるとかなり高額です。料金的にはあまりおすすめできない移動手段です。
また、ワット・アルンはワット・ポーの対岸に位置しており、渡し船で移動することも出来ます。
✤このブログの最後にワット・アルンの地図を掲載しています。

〈ワット・アルン付近の船着き場〉
watarun8.JPG
〈付近にも見所があります〉

watarun9.JPG




明るい太陽のもとでも、また、夕方や夜の風景も美しいワット・アルン。
夕日が沈む時刻にチャオプラヤー川の対岸から眺めるのも、独特の雰囲気があります。本格的な暑さがやってくる前に、是非オススメしたいスポットです。



施設情報:ワット・アルン


Wat Arun

所在地:34 Arunamarin Rd., Wat Arun, BangkokYai, Bangkok 10600
拝観時間:8時〜18時
料金:50バーツ
アクセス:タクシーまたはボート
ホームページ:Wat Arun

watarun6.JPG

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

marie

タイ・バンコク2特派員のmarieが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

タイタイ/バンコク2特派員
名前:marie

marie

タイで働くことになった夫と共に日本を離れ、現在バンコクで暮らしています。炭火で焼いた数十円の焼き鳥の屋台があるかと思えば、その後ろには華やかで現代的な高級デパートがそびえ立つバンコク。消えていくものと新しく始まるもの、そして静と動も混在し、多彩な表情を持つタイの首都。歩いて見つけた街角のワンシーンから不動の名所まで、バンコクの旬なワンシーンをお届けします。趣味はバンコク散歩 ➡Sukhumvit Diary DISQUS ID @disqus_eNeKLKBL23

バンコク2特派員トップにもどる

その他のタイの特派員

バンコクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バンコク2特派員トップにもどる

トップ > アジア > タイ > バンコク2特派員 > 暁の寺「ワット・アルン」はバンコクの三大寺院の一つです