× 閉じる

トップ > アジア > タイ > バンコク2特派員 > 【10月のバンコク】バンコクの今と「服喪期間の延長に関するお知らせ」

タイタイ/バンコク2特派員ブログ

【10月のバンコク】バンコクの今と「服喪期間の延長に関するお知らせ」

カテゴリー:お知らせ 投稿日:2017年10月13日

故プミポン国王陛下が崩御されてから、一年が経ちました。
10月に入ってからは、黒い服を着用して追悼の意を表す人々の姿がぐっと増えています。
街中には、そこかしこに王様を追悼する祭壇が設けられました。


BTSプロンポン駅直結のデパート前の広場
bkkmorning2.JPGのサムネイル画像

bkkmorning1.JPGのサムネイル画像


また、在タイ日本国大使館より、「服喪期間の延長に関するお知らせ」が発表されました。

以下、在タイ日本国大使館のホームページからの引用です。


服喪期間の延長に関するお知らせ

報道によると、10日、首相府より故プミポン国王陛下の服喪期間の延長について発表があった旨報じているところ、概要を以下のとおりお知らせします。

公務員、公営企業従業員、政府職員の服喪期間は、これまで15日間の延長とし、10月13日~27日としていたが、17日間の延長に変更し、10月13日~29日までとする。

国内外の政府施設、公営企業、政府組織、教育施設における半旗掲揚は、これまで15日間、10月13日~27日の期間としていたが、17日間に変更し、10月13日~29日までを半旗掲揚とする。

これまで10月27日の夜間から白黒の幕、看板を公共の場、公共施設から撤去を開始するとしていたが、これを29日の夜間からに変更とする。

引用元サイト:大使館からのお知らせ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

marie

タイ・バンコク2特派員のmarieが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

タイタイ/バンコク2特派員
名前:marie

marie

タイで働くことになった夫と共に日本を離れ、現在バンコクで暮らしています。炭火で焼いた数十円の焼き鳥の屋台があるかと思えば、その後ろには華やかで現代的な高級デパートがそびえ立つバンコク。消えていくものと新しく始まるもの、そして静と動も混在し、多彩な表情を持つタイの首都。歩いて見つけた街角のワンシーンから不動の名所まで、バンコクの旬なワンシーンをお届けします。趣味はバンコク散歩 ➡Sukhumvit Diary DISQUS ID @disqus_eNeKLKBL23

バンコク2特派員トップにもどる

その他のタイの特派員

バンコクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バンコク2特派員トップにもどる

トップ > アジア > タイ > バンコク2特派員 > 【10月のバンコク】バンコクの今と「服喪期間の延長に関するお知らせ」