トップ > アジア > タイ > バンコク特派員 > バンコク空港はふたつ!スワンナプーム空港とドンムアン空港

タイタイ/バンコク特派員ブログ

バンコク空港はふたつ!スワンナプーム空港とドンムアン空港

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 / 交通・鉄道・航空 / 旅行・ツアー・ホテル 投稿日:2017年9月26日

airport_BKK_001.jpg



バンコクにはスワンナプーム空港(BKK)とドンムアン空港(DMK)の2つあり、場所や使い勝手が全く異なります。それぞれの特徴をまとめてみたので、初めてのバンコク旅行を計画している方やトランジットでバンコクの空港の利用する方は、ぜひ参考にしてみてください。



タイの玄関口。世界中のフラッグ・キャリアが就航するスワンナプーム空港


Suvarnabhumi Airport (空港コード: BKK)


2006年に開港した、黄金の土地という意味の名前を持つ空港。成田空港の約3倍の敷地面積があり、2016年は年間利用者数が5500万人を超えた巨大なハブ空港。出国審査を過ぎ、搭乗ゲートまでの間は、ブランド店、土産物屋、レストランがぎっしりと並びショッピングモールのよう。とにかく広く、たくさん歩くので、初めて利用する方や買い物をしたい方は出発時刻の3時間ほど前に到着するのがベター。また、どれだけ慣れていても、万が一混雑していた場合を考えて、国際線の場合は2時間前には到着したいところ。。。


空港内には高級ブランドのブティックや外資系コスメのショップ以外にも、タイの高級スパプロダクト(PANPURI、THANN、HARNNなど)やオシャレな雑貨が揃う店、タイシルクのJIM THOMPSONや、バッグ・ポーチのNARAYA、タイ食材やお菓子のショップなどが多くあり、空港だけで十分にタイ土産を購入することができます。


就航航空会社:ANA、JAL、タイ国際航空といったレガシーキャリア(大手航空会社)の全てと、一部LCC*が就航 *ピーチ、タイスマイル、バンコク・エアウェイズ、ベトジェットエア、ジェットスター


バンコク市内からの距離:北東に約30km


市内へのアクセス方法:エアポートリンク(ARL)が乗り入れ。マッカサン駅で地下鉄(MRT)ペッチャブリー駅と、最終のパヤタイ駅でスカイトレイン(BTS)と高架(スカイウォーク)で繋がっている。タクシーを利用した場合は高速道路を使い約40分〜1時間強。 (渋滞の時間帯は+0.5〜1時間)。料金は高速代・空港利用料込みで、市内まで350〜500Bほど。


トランジットで市内に出るなら:待ち時間が数時間ある場合でも、空港内でマッサージを受けたり、買い物や食事を楽しんだりと十分に快適に過ごせる。逆に、街中へ行くなら最低でも7−8時間は必要。日中に半日外に出るなら、巨大ショッピングモールのメガバンナー(MEGA BANGNA)がおすすめ。




LCCが集結。国内〜近隣諸国への路線が豊富なドンムアン空港


Don Mueang Airport (空港コード: DMK)



airport_BKK_5343.jpg


1914年に空軍飛行場として開港し、第二次世界大戦後〜スワンナプーム空港開港まではバンコクの主要空港として利用されていました。現在はエアアジアおよびその他のLCCの専用空港のようになっており、小型〜中型機が乗り入れ、年間利用者数は3500万人を超えます。国際線ターミナル(第1)と、国内線ターミナル(第2)に分かれ、各ターミナルの端から端まで徒歩数分程とコンパクト。


チェンマイやプーケット、そのた地方都市への国内線やシンガポール、マレーシア、ミャンマー、カンボジアなど近隣諸国への便数がとにかく多くて便利。慣れていれば空港内での移動時間はほとんどかからず、また航空券の値段も安いので、バスのように気軽に利用できます。 エアアジアの場合、Webチェックイン、もしくは空港に設置された自動チェックイン機を利用すると、手荷物がない場合はそのまま出国手続きのゲートへ入場できるので便利。荷物がある場合でも、セルフチェックインをしていると、Baggage Dropの空いている列に並ぶことができるので時短できます。逆にタイに入国する際は、春節や年末年始などの利用者が多い時期は時間がかかってしまうことも。


就航航空会社:エアアジア、スクート(ノックエア)、タイガーエアなど。


バンコク市内からの距離:北に約20km


市内へのアクセス方法:タクシーの利用かエアポートバスとBTSの利用が一般的。タクシーは高速代・空港利用料込みで、市内まで300〜400Bほど。所要時間は日中1時間、発着の多い早朝や深夜は30分ほど。エアポートバスはBTS・MRTモーチット駅行きが1時間に数本ある他、BTSアヌサワリー駅、プラトゥーナム〜ルンピニ公園、カオサン通り行きのバスもある。空港〜モーチット間の所要時間は約30分 。料金は30Bで、車内で支払う。


トランジットで街中に出るなら:7〜8時間あれば、荷物を空港に預け、タクシー(メーター)か車をチャーターしてアユタヤ観光も可能。メーターなら片道400B〜、1時間ほど。土・日の日中なら、ぜひチャトチャック市場(ウィークエンド・マーケット)でお買い物を。平日ならアリー周辺の人気カフェやレストランでくつろいだり、タイ古式マッサージを受けるのもオススメ。



空港を利用する際に気を付けたいこと


airport_BKK_7077.jpg


    2つの空港間の乗り換え

スワンナプーム空港とドンムアン空港間のトランジットも不可能ではありませんが、最低でも4時間ほどの時間が必要。もし最初の飛行機が遅れて乗り過ごしても、航空会社が異なるので、基本的に保証が受けられません。空港間は、乗り継ぎの搭乗券を持っている人のみが利用できる無料シャトルバスが1時間に1本出ています。


    免税店でのショッピングはお得?

外資系コスメを免税店で買いたい場合、どちらの空港でもChanel、Estee Louder, Dior, Clinique, L'occitaneなどの一般的な商品が揃いますが、日本の免税店よりも割高なことがほとんど。日本と異なるカラーバリエーションのファンデーションや限定商品などを吟味したいなら、市内のデパートでまとめて購入して免税の手続きをする方法や、市内の免税店King Powerで事前に購入し空港で受け取るという方法も。EmquartierやCentral Worldに入るSEPHORAは、 urban decayやmarc jacobsなど、日本未発売の欧米コスメブランドの商品がたっぷり揃っているのでおすすめです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

サカモトヨウコ

タイ・バンコク特派員のサカモトヨウコが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

タイタイ/バンコク特派員
名前:サカモトヨウコ

サカモトヨウコ

フォトグラファー。2001年、学生時代に初めて訪れたタイに魅了されて定期的に通ううちに、次第にバンコクが拠点になり早10年。ユースカルチャー、アート、音楽、最先端のトレンドなどにアンテナを張っており、カルチャー系webサイトなどにも寄稿中。旅と猫とお茶が好き。趣味はギャラリー巡りとタイ料理作り。写真と連絡先はこちらDISQUS ID @disqus_xVyN9rCjRC

バンコク特派員トップにもどる

その他のタイの特派員

バンコクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バンコク特派員トップにもどる

トップ > アジア > タイ > バンコク特派員 > バンコク空港はふたつ!スワンナプーム空港とドンムアン空港

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について