トップ > リゾート > インドネシア > バリ特派員 > GWKカルチュラルパーク

インドネシアインドネシア/バリ特派員ブログ

GWKカルチュラルパーク

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年10月31日

ジンバランビーチからウルワトゥ方面に向かい、坂道を上がったところに
GWKカルチュラルパークはあります。世界の文化交流がテーマで、大きな
コンサートも行えるステージもあります。
このテーマパークの見どころは未完成の巨大なヴィシュヌ神と神鳥ガルーダの像
でしたが、今年の半ばごろ、新しく建設された巨大なヴィシュヌ神が話題と
なっています。
ゲートから入り、駐車場料金が1万ルピア、そして駐車場の脇にある
チケット売り場で入場料を支払います.

ツーリストは大人一人がRp.125,000、子供料金はRp.100,000でした。
以前と比べると結構なお値段に変更されていました。
テープ式のチケットを手首に巻いてパークへ。
181031-1.jpg

以前からのヴィシュヌ神の上半身がある場所はお寺の境内なので、
スレンダンと腰巻を借りて(無料)、入ります。
大きなヴィシュヌ神の前で記念撮影をしましょう。
181031-2.jpg

パーク内はドメスティックのゲストでいっぱいでした。
海外からのツーリストには人気がないのでしょうか?
大きな新しい石像は?と歩き進むと見えてきました!
そしてその手前には、記念撮影の場所もちゃんと用意されています。
181031-3.jpg

特に案内がしっかりあるわけでもなく、緩やかな丘を降りると
ガルーダの頭部がありました。
181031-4.jpg

その正面に、巨大な卵が展示されていましたが、1部が壊れていたりして
写真向きではないので、スルー。遠くにある新しい石像を目指します。
さらに降りると、昔石切り場だったところが公園風になっていて、
こちらでセグウェーと電動自転車を借りることができます。
どちらも15分でセグウェーRp.60,000、電動自転車の二人乗りがRp.80,000でした。
遠くに見える石像までこれで行ってみようと行くことになり、いざ!
途中坂道もあり、歩くよりは楽でした。
181031-6.jpg

実際に見る大きさはビルディングくらいの大きさ。
いつもサヌールから海上高速道路を走っていると、この石像が見えるのですが
なるほど、これだけ大きければ遠くからでも一望できますね。
石像の下は展示室になっており、たぶん普段は入場できるのだと思いますが、
この日は要人が来るとかで入場を拒否されてしまいました。

このテーマパーク内には眼下のジンバラン湾の夜景を楽しめるレストラン、
土産物店、夕方からの芸能ショーなどもあり、そこそこ楽しめる施設
となっています。興味がある方はいかがでしょうか?

GWKカルチュラルパーク
http://gwk-culturalpark.com/

facebook-2.jpg


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員のプトゥ・ヒロミが現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

インドネシアインドネシア/バリ特派員
名前:プトゥ・ヒロミ

プトゥ・ヒロミ

1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

バリ特派員トップにもどる

その他のインドネシアの特派員

デンパサール(バリ島)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バリ特派員トップにもどる

トップ > リゾート > インドネシア > バリ特派員 > GWKカルチュラルパーク

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について