トップ > リゾート > インドネシア > バリ特派員 > 魅惑のコモド特集6/不思議なバトゥ チュルミン

インドネシアインドネシア/バリ特派員ブログ

魅惑のコモド特集6/不思議なバトゥ チュルミン

カテゴリー:旅行・ツアー・ホテル / 自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年8月28日

コモド諸島の海の魅力も満喫しましたが、陸の観光も見逃せません。
ラブハンバジョーの港から車でわずか15分くらいにあるバトゥ チュルミン。
インドネシア語で「鏡の岩」と呼ばれる鍾乳岩窟です。
1950年代にオランダ人研究者によって発掘されたそうです。
batu_Cermin-0.jpg

入り口でヘルメットをかぶって洞窟内に歩いて入ります。
途中は人間一人が腰をかか見ながらやっと通り抜ける幅の通路をくぐり、
ワクワク冒険感覚で進んでいきます。
長い年月をかけて成長した鍾乳石・石筍、見事な石柱を見るとじわじわと感動
batu_Cermin-1.jpg

ガイドさんが指差す方向に懐中電灯を見受けると、マリア像に見える光景が!
自然にできた形とはいえ、不思議な現象ですね。
batu_Cermin-2.jpg

洞窟内の壁には、サンゴ礁の化石やウミガメの化石もあり、かつては海中に
沈んでいたことが想像されます。
batu_Cermin-3.jpg

さらに奥に進むと、細長い空間が広がり、チュルミン(鏡)と呼ばれる岩の壁があります。
天井に開いた穴から入る太陽光が反射して、洞窟の奥にまで光を導くのだとか。
batu_Cermin-5.jpg

光が当たった岩がキラキラと緑色に輝いて美しかったです。
batu_Cermin-6.jpg

自然の造形はダイナミックで美しいですね。
存分に楽しみながら洞窟を散策しました。
batu_Cermin-7.jpg

さて、魅力が満載のコモド諸島周辺の観光はまだまだあるのですが、今回は一旦ここまで。
2018年9月15日にオープンをするアヤナ コモドリゾート ワイチチュビーチに宿泊すれば
快適なリゾートライフを過ごすことができそうです。
今まで知られていなかったインドネシア内の新たな観光地として注目を浴びているコモド。
バリ島からさらに足を伸ばして訪れてみてはいかがでしょうか?

アヤナ コモドリゾート ワイチチュ ビーチ
Web site/www.ayanakomodo.com

facebook-2.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員のプトゥ・ヒロミが現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

インドネシアインドネシア/バリ特派員
名前:プトゥ・ヒロミ

プトゥ・ヒロミ

1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

バリ特派員トップにもどる

その他のインドネシアの特派員

デンパサール(バリ島)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バリ特派員トップにもどる

トップ > リゾート > インドネシア > バリ特派員 > 魅惑のコモド特集6/不思議なバトゥ チュルミン

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について