トップ > リゾート > インドネシア > バリ特派員 > 魅惑のコモド特集4/ピンクビーチでシュノーケリング

インドネシアインドネシア/バリ特派員ブログ

魅惑のコモド特集4/ピンクビーチでシュノーケリング

カテゴリー:旅行・ツアー・ホテル / 自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年8月23日

バリ島からわずか東、約500㎞に位置するコモド諸島。
1991年にユネスコ世界自然遺産に登録され、その自然と生態系は厳重に保護された国立公園です。
コモド諸島はインドネシアの熱帯雨林気候の中にあるのですが、特種な環境により唯一サバンナ気候なんだそう。
バリ島は雨季と乾季があり、雨季はかなり雨が降りますが、この地域は雨季が短く、
雨も余り降らない気候でいつも乾燥している環境です。
海中の様子ですが、南をインド洋、北をフローレス海に囲まれており、太平洋の魚とインド洋の魚が一緒に
見られる不思議な海なんだそうです。
島にしかづくと、船上からも見える、海の中の世界に興奮してしまいます。
pink_beach_2.jpg

サンゴ礁が元気に育っており、シュノーケリングだけでもたくさんの生物を観察することができました。
いくつか、筆者が撮影した写真を掲載します。
diving-1.jpg
diving-2.jpg
diving-3.jpg
diving-4.jpg
diving-5.jpg


今回はシュノーケリングのみでしたが、次はスクーバダイビングにも挑戦したいと思っています。
ダイナミックな地形と大型回遊魚を見ることができるダイビングポイントでは、
イソマグロ、ロウニン&カスミ&ギンガメアジ、ツムブリ、グレイリーフシャーク、ナポレオン、
マダラトビエイ、グレートバラクーダ等の大物狙い。
通年通しマンタが見られるポイントも南側にあり、ブラックマンタの遭遇率も高い場所があるそうです。
さらに。この地域固有の小さなハゼ類もいて、マクロ派のダイバーにも人気なんだそうです。
筆者はマンダリンハゼが見たいです。

さて、シュノーケリングの後は、夕日の時間を目指して港に戻ります。
次回のレポートではその途中の景色などを紹介します。


アヤナ コモドリゾート ワイチチュ ビーチ

Web site/www.ayanakomodo.com

facebook-2.jpg


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員のプトゥ・ヒロミが現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

インドネシアインドネシア/バリ特派員
名前:プトゥ・ヒロミ

プトゥ・ヒロミ

1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

バリ特派員トップにもどる

その他のインドネシアの特派員

デンパサール(バリ島)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バリ特派員トップにもどる

トップ > リゾート > インドネシア > バリ特派員 > 魅惑のコモド特集4/ピンクビーチでシュノーケリング

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について