トップ > リゾート > インドネシア > バリ特派員 > 話題のビーチクラブOMNIA

インドネシアインドネシア/バリ特派員ブログ

話題のビーチクラブOMNIA

カテゴリー:旅行・ツアー・ホテル / 自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年6月 2日

バリ島で最近、注目されているのはビーチクラブ。
スミニャックのポテトヘッドが最初だったような気がしますが、
インスタなどでアップされた写真を見ると、新しくて話題に
なっているのが、ウンガサン地区にあるOMNIAでしょう。
というわけで、筆者も訪れてみました。
ウェブで確認すると11時オープンということでしたので、
一番乗りで写真を撮ろうと真っ先に到着。
180602_1.jpg

途中までの道のりは何もなくて、本当にたどり着くのか少し不安になります。
断崖絶壁の地形が特有の景色を見せてくれます。
この地域ではまさしくリゾート、青い海、青い空が目の前に。
180602_2.jpg

エンントランスフィーが20万ルピア、そしてビーチパラソルがある席は
一人最低でも日本円で約6000円から10000円のミニマムチャージがあります。
飲み物と食べ物を注文してその金額を消化するのですが、結構高いですね。
そして大人専用スペースなので、ビーチクラブスペースは21歳以上の制限が
あります。
小さなお子様は二階のレストランのみ入場が可能です。
180602-3.jpg

全部が有料席かというと、そうではなく無料席も用意されています。
ラウンジ風で、海に面しています。
180602-5.jpg


バーのメニューの写真です。
フードメニュー:
180602-7.jpg

ドリンクメニュー:
180602-6.jpg

この価格なら軽く10000円以上は吹っ飛ぶわね、というのが筆者の勘定です。
丸一日、満足するならその倍は用意しておかないと。
そして、こちらではお約束の自撮りポイントで撮影。
180602-8.jpg

象徴的な四角い屋根の下がバーになっており、カウンターなら
ミニマムチャージなし、二人席は1.6ジュタ、 4−5人席は3ジュタの
ミニマムチャージがありました。うーん、どこもお金がかかります。
飲み物を対して注文しないのに、席で長居をされては困るというわけですね。
180602-4.jpg

話題のホットスポットというわけで、次々とゲストが訪れていました。
筆者は個人的にはあんまり落ち着ける空間ではなかったので、プライベートで
くることはないかな、という感じ。まだオープンしたてなためか、サービスが
完全ではなかったのと、先端のとんがった場所にありがちなスタッフの
高飛車な態度に馴染めない気がしました。
そんなことはさておいて、堂々と楽しんじゃえ〜という方は随時クラブパーティーが
開催されているようですので、チェックしてみてくださいね。

OMNIA

ウェブサイトからの事前予約も可能です。


facebook-2.jpg



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員のプトゥ・ヒロミが現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

インドネシアインドネシア/バリ特派員
名前:プトゥ・ヒロミ

プトゥ・ヒロミ

1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

バリ特派員トップにもどる

その他のインドネシアの特派員

デンパサール(バリ島)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バリ特派員トップにもどる

トップ > リゾート > インドネシア > バリ特派員 > 話題のビーチクラブOMNIA

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について