× 閉じる

トップ > リゾート > インドネシア > バリ特派員 > 家を修繕した後も儀式

インドネシアインドネシア/バリ特派員ブログ

家を修繕した後も儀式

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / 生活・習慣・マナー 投稿日:2018年3月23日

我が家は一年中ヒンドゥー教の行事がたくさんあります。
人間が対象のものもたくさんありますが、新しい車や家を持った時も儀式が必要です。
家を建てた時に大きな儀式、そして家を修繕した時も儀式を行うのですが、
今回はパグルウェシの日に、そういった儀式を執り行うのに丁度良い日ということで、
田舎からお坊さんを呼んで大きな儀式を執り行いました。
180323_1.jpg


大きな儀式には豚の丸焼きが必要です。
デンパサールでは豚を焼く場所はないので、田舎で作って持ってきてもらいました。
田舎で軽トラックを持っている親戚がいるので、こういう時は何かと手伝いをしてくれます。
180323-2.jpg


筆者はあんまり詳しくないのですが、新たに土地に建物を作った場合、
土地の鬼にお供えを捧げるらしいのです。
本当は先にこれを済ます必要があるらしいですが、便宜上、出来てから掘っておいた
穴にお供えを埋めました。
180323-3.jpg

修繕した建物などの儀式を終え、豚の丸焼きはあっという間に解体されて
油で揚げて美味しそう。ラワールなども作ってバビグリンが出来上がります。
180323-4.jpg

出来立ての料理を皆でいただくのですが、
豚を使った料理は、筆者は有名なワルンで食べるよりも何よりも一番美味しいと思っています。
180323-5.jpg

豚の旨味が染み出たスープ、豚肉をカリッと揚げたもの、新鮮なラワール。
美味しすぎるので、ついつい食べ過ぎてしまいます。
180323-6.jpg


儀式の時は親戚が集まって、あれこれ手伝ってくれます。
本当にありがたいですね。日々過ごしていると忘れがちですが、
家族が仲が良く、皆に守られている感覚、これこそがバリ島が大好きな
理由だったと気が付かされます。


facebook-2.jpg


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員のプトゥ・ヒロミが現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

インドネシアインドネシア/バリ特派員
名前:プトゥ・ヒロミ

プトゥ・ヒロミ

1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

バリ特派員トップにもどる

その他のインドネシアの特派員

デンパサール(バリ島)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バリ特派員トップにもどる

トップ > リゾート > インドネシア > バリ特派員 > 家を修繕した後も儀式