× 閉じる

トップ > リゾート > インドネシア > バリ特派員 > 金曜日のバティックデー

インドネシアインドネシア/バリ特派員ブログ

金曜日のバティックデー

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2018年2月28日

インドネシアで有名な「バティック」とはジャワ更紗とも呼ばれていて
ろうけつ染めの染め物のこと。2009年10月2日にユネスコによって
無形文化遺産に認定された事を記念して、10月2日はナショナルバティックデー
と制定されました。この後から始まったのかどうか、まだ知識不足なのですが
バリ島でも毎週金曜日をバティックデーとして、企業などで積極的にバティック
を着ようという日になっているようです。
「金曜日」はインドネシアでは、イスラム教の金曜礼拝日にちなんででしょうか?
今まで、あまりそういったことに興味がなく一着もバティックを持っていなかった
のですが、伝統を重んじるところは良いと思ったので、バティックを探しに行きました。
どこで売られているかさえ知らなかったのですが、とりあえず近くのマタハリスーパーへ。
バティック専門のコーナーがありました!
180228-1.jpg

バティックと一口に言っても色々と種類があり、高級素材のシルクを用い、
全て手書き模様のものから、型押しの柄を機械で生産するものまで値段もピンキリです。
元々は18世紀に当初王族の衣服のために用いられ、その模様は地域によって違いが見られたとのこと。
最近ではモチーフの種類も多岐にわたり、誰でも手軽に購入ができるバティックです。
男性がピシッと決めていると、なぜか制服マジック?普段よりも格好良く見えてしまいます。
180228-2.jpg

バティックをTPOに合わせて来こなせるようになったら大したものですね。
ネットでも注文ができるサイトが探して見ると結構あります。
http://www.batikprasetyo.com/
派手めの柄でも、バティックなら思い切って着ることができるかもしれません。
日本で夏にオシャレに着こなしてみてはいかがでしょうか?
シャツの裾はズボンに入れなくて良いので、体型をごまかす服にもなりそうですね。

facebook-2.jpg


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員のプトゥ・ヒロミが現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

インドネシアインドネシア/バリ特派員
名前:プトゥ・ヒロミ

プトゥ・ヒロミ

1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

バリ特派員トップにもどる

その他のインドネシアの特派員

デンパサール(バリ島)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バリ特派員トップにもどる

トップ > リゾート > インドネシア > バリ特派員 > 金曜日のバティックデー