× 閉じる

トップ > リゾート > インドネシア > バリ特派員 > あんまりな規則

インドネシアインドネシア/バリ特派員ブログ

あんまりな規則

カテゴリー:お知らせ 投稿日:2017年9月26日

昨日、日本から郵送してもらった荷物を取りに郵便局に出向いたのですが、
荷物に問題があるからと別室に呼ばれました。荷物の内容はスポーツウェア、
愛用しているローション、コスメティックなどでした。
規則が変わり、送ってはいけないものがあるのだとか。
内容を聞いて驚いてしまいました。

・古着は一切受け取ることができない。
・新品の洋服は10着まで(靴下、防止なども一点と数えられる)
・コスメティックは会社の許可を持っていない限りは受け取ることができない。
・食品は一切受け取ることができない。
・薬は許可を持っていない限りは受け取ることができない。

販売が目的ではなく、数少ない個人用だとしてもダメなのだそうです。
個人で大量に輸入して、販売する目的なら制限されても致し方ないですが、
これでは、あんまりですよね。
170926-2.jpg


今まで孫のためにとお菓子をもらっていましたが、今後はそれもダメ。
筆者は肌が敏感肌なので、いつも同じ化粧水を日本から取り寄せて
送ってもらっていましたが、とても困ります。
その他、次の表も参考にするようにと表示がありました。
170926-1.jpg

郵便局だけでなく、宅配のシステムでも同じ条件なのだそうです。
日本に帰って、手持ちで持ち込むしかないってことですね。
今回は厳重注意ということで始末書にサインして荷物を渡して
もらいましたが、今後は考えてしまいます。
ご参考まで。
いずれ大統領が変われば規則も変わるかもしれませんね。

facebook-2.jpg


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員のプトゥ・ヒロミが現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

インドネシアインドネシア/バリ特派員
名前:プトゥ・ヒロミ

プトゥ・ヒロミ

1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

バリ特派員トップにもどる

その他のインドネシアの特派員

デンパサール(バリ島)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バリ特派員トップにもどる

トップ > リゾート > インドネシア > バリ特派員 > あんまりな規則