× 閉じる

トップ > オセアニア > ニュージーランド > オークランド特派員 > オークランドの秋の味覚 フィジョア

ニュージーランドニュージーランド/オークランド特派員ブログ

オークランドの秋の味覚 フィジョア

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 / レストラン・料理・食材 投稿日:2017年3月28日

今週末でサマータイムが終わり、いよいよ秋本番のオークランド。街路樹や庭木も少しずつ紅葉を始めました。だんだん日が短くなり、どんよりとした曇り空の日も増えてきて、冬を目の前にちょっと憂鬱な気持ちになりがちなこの時期ですが、季節限定の美味しいお楽しみもあります。それは、フィジョア(Feijoa)というフルーツ。この時期約1か月ほどしか食べられない、まさに秋限定の味覚です。

DSCF7489.JPG

南米原産の常緑樹、フィジョアは丈夫で育てやすく、生育条件がオークランドの気候とぴったり合うため、多くの家庭や公園などで庭木や垣根として植えられています。

Feijoa-Kakapo-Label.jpg

収穫の季節がかなり限定されていて一気に実り、また収穫後はあまり日持ちがしないフルーツなので、この季節になるとあちこちで「フィジョア要らない?」と聞かれたり、道端で子供たちが自宅の庭でとれたフィジョアを売る光景が見られるようになります。

そのお味はと言えば、パイナップルのようなバナナのような、はたまたちょっぴりグアバのような、なんとも説明しがたいトロピカルな味わい。また後味にちょっぴりシュワッとするような不思議な刺激もあり、もうこれはフィジョア味!というしかありません。栄養的にも優れ、フィジョア3個で一日のビタミンC必要量をとることができるそうです。

熟した後は傷みやすいので、各家庭では果肉を冷凍しておいて、デザート作りなどに利用することが多いようです。また、1年中フィジョア味が楽しめる、様々な加工品も生産されています。フレッシュな味わいをそのまま生かしたジュースやアイスクリームの他、チョコレートなどのスイーツやジャム、チャツネ、フィジョア風味のフルーツティーなど、スーパーでもその独特な香りが生かされた、様々なフィジョア製品が並んでいます。ティーやスイーツは、NZらしいお土産として、珍しがられること請け合いですよ。

feijoa ice.jpg

feijoa-products.jpg

様々なフェイジョア加工品がある中の私の一押しは、オークランド郊外でオーガニックフィジョアの栽培から商品の生産販売まで行っている、オーガニックフィジョアのワイナリ-、ロスロリアンワイナリー(Lothlorien Winery)のフィジョアワインです。フィジョアの爽やかな香りが生きたこのワイン、ドライな味わいがNZ産の魚介類にもぴったり合います。スパークリングとスティル、お好みの方をキーンと冷やしてお食事と一緒にどうぞ。

feijoa wine.jpg
秋のニュージーランドにいらしたら、この時期しか食べられない生のフィジョアとともに、様々なフィジョア商品を味わってみてはいかがでしょうか。

Lothlorien Winery
1227 Ahuroa Road, RD1,Warkworth, 0981
http://www.lothlorienwinery.co.nz/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Keiko

ニュージーランド・オークランド特派員のKeikoが現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ニュージーランドニュージーランド/オークランド特派員
名前:Keiko

Keiko

2000年にNZ人の夫に伴ってオークランドへ移住、3年間の米国滞在を挟んだ後、また当地へと舞い戻り、オークランド北部郊外に居を構える。日本での医療専門職から一転、現在は留学生アドバイザー、地域スポーツクラブのボランティア活動などに勤しみながら、家族、愛犬、羊十数頭と共に、海と緑とほどほどの都会に囲まれたオークランド生活を満喫中。 DISQUS ID @disqus_j5gWBB9qXL

オークランド特派員トップにもどる

その他のニュージーランドの特派員

オークランドを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

オークランド特派員トップにもどる

トップ > オセアニア > ニュージーランド > オークランド特派員 > オークランドの秋の味覚 フィジョア