トップ > アジア > カザフスタン > アスタナ特派員 > サーカス近くで営業中 アスタナ最初のハチャプールナヤ

カザフスタンカザフスタン/アスタナ特派員ブログ

サーカス近くで営業中 アスタナ最初のハチャプールナヤ

カテゴリー:レストラン・料理・食材 / 文化・芸術・美術 投稿日:2018年8月 6日

つい最近、サーカスの裏手に見慣れないお店が出来ていました。
ハチャプールナヤと掲げてあるそのお店に近づいてみると、ちょうど昼時、営業を始めたばかりの様です。
店主に話を聞いてみると「中に来なさい」と、折角なので話を聞きがてら食事をする事にします。
59-01.jpg


店内にカザフスタンのそれとは違う調度品があります。
何やら彼らは、アルメニアからやってきた母娘で(アゼルバイジャンとの戦争の事なのか)数十年前の戦火を逃れてアスタナに来たという事です。
お母さんのお祖父さんがカザフスタンにいて、そこに身を寄せそのままアスタナで生活している様です。
59-02.jpg
59-03.jpg


「これはプレゼントだから、まあ飲みなさい」と娘さんの淹れてくれたコーヒーはイブリック(ジャズベ)のトルココーヒー。
これはカザフスタンでもポピュラーな飲み方ですが、ドリップやマキネッタと違った美味しさ。
59-04.jpg


開店したばかりの為か、店にメニューはなく壁の写真から注文するという新しいスタイル。
生地を整えて、オーブンに向かうのはお母さん。
20年アスタナのレストランで働いたものの、自分たちのファストフード店を持ちたいという娘さんの強い希望で、こうしてお店を開店。ハチャプリのファストフードはアスタナにないからね、と母娘揃って胸を張ります。
59-05.jpg


定番の玉子の乗った「по Аджарски」(パ アジャールスキ)、牛肉入りの「с гавядиной」(ス ガビャージノイ)、生地をチーズとジャガイモで作った「по Мегрельски」(パ メグレールスキ)など注文出来ます。
ファストフードとはいえ、作ってその都度焼くので、出来上がりに15分ほど。出来立てのその美味しさたるや。
写真を撮り忘れましたが、レモネードが美味しかったのでそれを伝えると「私が作ったの!」と元気に答える娘さんが素敵です。
良いものは良い、嬉しい時は素直に喜ぶ。
謙遜の文化の日本、さらに客商売とあれば尚、目にする事はできませんが非常に美しい光景です。
59-06.jpg
59-07.jpg


会計係は娘さん。
59-08.jpg


左からマリーナさんとヴィーカさん。
昼から23時まで営業中。
59-09.jpg 撮影:秋桜特派員承諾済み


【Хачапурная No1】
住所:サーカスの裏あたり
営業時間:12:00ー23:00
https://goo.gl/maps/DbN2jhUDmco

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

秋桜 百合枝

カザフスタン・アスタナ特派員の秋桜 百合枝が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

カザフスタンカザフスタン/アスタナ特派員
名前:秋桜 百合枝

秋桜 百合枝

アスタナに住んで半年。写真や映像制作のかたわら、街の中を行ったり来たり。 行く先々の情報を、特派員ブログで紹介します。 1997年に遷都した、まだまだ新しいこの街の魅力を、一緒に探しに行きましょう。 DISQUS ID @disqus_gJj7dbPUsA

アスタナ特派員トップにもどる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アスタナ特派員トップにもどる

トップ > アジア > カザフスタン > アスタナ特派員 > サーカス近くで営業中 アスタナ最初のハチャプールナヤ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について