トップ > アジア > カザフスタン > アスタナ特派員 > 建設されてまだ間もない 金ぴか屋根の新しモスク

カザフスタンカザフスタン/アスタナ特派員ブログ

建設されてまだ間もない 金ぴか屋根の新しモスク

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2018年5月 8日

生活する人の多くがムスリムのここアスタナ。
時間になればコーランが流れたり、商店にはちゃんとハラールを証明するマークが描かれていたり、時には白タク運転手のおじいさんに、改宗を勧められたりするのが日常ですが、そんなアスタナっ子にあって一番の拠り所といえば矢張りモスク。
現在アスタナにはモスクが9つありますが、今回はその中のひとつに行ってみようと思います。


空港と街を結ぶ路線バス10号線。街を南下した空港のほど近く、金色の屋根が見えてきます。
48-01.jpg


このモスクは昨年建設されただけあり非常に綺麗です。
礼拝の為の服装を示した看板も分かりやすくて親切設計。
48-02.jpg


中に入ると下駄箱に注意書きがあります。
曰く「上着や免許書、それにお手回り品を失くさぬ様注意。職員は紛失品に責任は負いかねます。」当たり前の事ですがこの文言は色々なところに書いてあるので、言い回しを覚えるのも良いでしょう。
48-03.jpg


前室を抜けたモスク内。
この日は無人でしたが、時間によっては多くの人が礼拝に訪れます。
48-04.jpg


外光と天井の模様とシャンデリアの美しさ。
48-05.jpg


モスクを出て道の反対側、モスクの裏手は見渡す限りの草原です。
引き画を撮りたくて進む先に私以外の動物の足跡が複数ありました。彼らも矢張りムスリムか。
48-06.jpg


青空と原っぱとモスク。
モスクの右手に見えるのが我らがアストラバス10号線です(新型車両)。
48-07.jpg


モスクの周りという事もあり、街灯の柄も他とは違ってお洒落です。
48-08.jpg


【Әлжан ана】
住所:Kabanbay Batyr Avenue 38

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

秋桜 百合枝

カザフスタン・アスタナ特派員の秋桜 百合枝が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

カザフスタンカザフスタン/アスタナ特派員
名前:秋桜 百合枝

秋桜 百合枝

アスタナに住んで半年。写真や映像制作のかたわら、街の中を行ったり来たり。 行く先々の情報を、特派員ブログで紹介します。 1997年に遷都した、まだまだ新しいこの街の魅力を、一緒に探しに行きましょう。 DISQUS ID @disqus_gJj7dbPUsA

アスタナ特派員トップにもどる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アスタナ特派員トップにもどる

トップ > アジア > カザフスタン > アスタナ特派員 > 建設されてまだ間もない 金ぴか屋根の新しモスク

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について