× 閉じる

トップ > アジア > カザフスタン > アスタナ特派員 > こんな競技があったのか 氷上トラックレーシング

カザフスタンカザフスタン/アスタナ特派員ブログ

こんな競技があったのか 氷上トラックレーシング

カテゴリー:スポーツ・観戦 投稿日:2018年2月10日

やはりというか冬のアスタナ。
寒さも相まって、気軽な外出というか、レジャーもそんなに多くないのも実情です。
とはいえ、どこかしらに出かけたいのも人情というもの。
そしてアクセスするのが『TICKETON』というサイトです。
要はチケット販売サイトなのですが、映画、劇場、コンサート、スポーツからツアーまで、幅広く扱っています。
日時と街を入力すれば、すぐさまイベント一覧が出てきます。
HPに従ってカードで決済して、pdfを印刷すれば、チケット調達完了です。
36-01.jpg


こうしてやってきた『Ледовый дворец Алау』(氷の宮殿、アラウ)は普段はスケートリンクです。
この日開催されたのが『FIM アイススピードウェイ・グラディエーターズ世界選手権』。
国際モーターサイクル連盟(FIM)の主催する、氷上のトラックレースです。
多くのたなびく旗を見る限り、メインスポンサーは『LUKOIL』(ロシアの石油メーカー)でしょうか。
36-02.jpg


観客の入りは半分くらいで、いよいよ競技が開始されます。
寒すぎて選手が凍っています。というのは嘘で、肖像権的にマズそうなのでボカシを入れています。無念。
36-03.jpg


この競技は(名前の通り)トラックレースの一種で、4人がトラックを4周して順位を競います。
FIMの公式HPによると、コースの大きさから使用できるバイクの排気量からエンジンまで、細かいルール規定もある様です。
参加国は見た感じ、ロシア、カザフスタン、ドイツ、オーストリア、フィンランド等で、この『アイスグラディエーター』に関していえば、ロシアが圧倒的に強いのだそうです。
エンジンの爆音とともに、氷の粒を巻き上げるレーサー達の走りに圧倒されます。
レースを撮ってると思いきや、何時でも何処でも自撮り大好きカザフ人。
36-04.jpg


見た事もないスタッドタイヤの迫力に、マッドマックスを彷彿とさせますが、そんな野蛮なレースではありません。
おそらく、相手を倒して順位を上げる様なレースにしない為のルール整備なのか、一緒に走っている、だれか一人でも転倒やクラッシュをした場合、直ちにその回は中止され、再度同じメンバーで、レースはやり直しとなります。
36-05.jpg


所謂、膝スリというのか、そういうレベルを超えている傾斜角。見ているだけでバイク乗りの血が騒ぎます。
36-06.jpg


子供からお年寄りまで。レースが終わる毎に皆、選手に惜しみない拍手を送ります。
そして友人に自慢する為か、スマホで撮影しまくります。
36-07.jpg


肖像権的の関係で、写真にボカシを入れていますが、イベントは是非ナマで。
イベント探しは『TICKETON』等、ネットを有効に利用するのが吉です。


【Ледовый дворец Алау】
住所:Кабанбай батыр 47
営業時間:8:30 - 18:00(昼休み 13:00 - 14:30)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

秋桜 百合枝

カザフスタン・アスタナ特派員の秋桜 百合枝が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

カザフスタンカザフスタン/アスタナ特派員
名前:秋桜 百合枝

秋桜 百合枝

アスタナに住んで半年。写真や映像制作のかたわら、街の中を行ったり来たり。 行く先々の情報を、特派員ブログで紹介します。 1997年に遷都した、まだまだ新しいこの街の魅力を、一緒に探しに行きましょう。 DISQUS ID @disqus_gJj7dbPUsA

アスタナ特派員トップにもどる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アスタナ特派員トップにもどる

トップ > アジア > カザフスタン > アスタナ特派員 > こんな競技があったのか 氷上トラックレーシング