× 閉じる

トップ > アフリカ > マダガスカル > アンズズルベ特派員 > 民族の違いを楽しもう

マダガスカルマダガスカル/アンズズルベ特派員ブログ

民族の違いを楽しもう

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年4月30日

ムルンダバ旅行に関する記事も3本目。今回は、ムルンダバのあたりの「民族」をご紹介。というのも、マダガスカルには18民族います。そのうち、今回は「ヴェズ族」と「サカラバ族」の様子をご紹介!

① ヴェズ族 :砂浜の上に住む漁民
7-2.JPG
ヴェズ族は、主に漁を行って生活しています。海に行けば、多くの人が漁をしています。


7-1 .JPG
砂浜が生活の中心。アフリカでおなじみの頭の上に荷物を運ぶ様子も、ここではより美しく見える。


7-3.JPG
ヴェズ族の家は、湿気に強い木造で、基本的に土は使わない。他の民族は基本的に土と木の組み合わせ。

② サカラバ族: マダガスカル東部にすむ海辺に住む民族
7-4.JPG
有名なバオバブ通りの近くに住み人たちは、いつも布を巻いています。伝統的な布から現代的な布まで。


7-5.JPG
バオバブの木のお土産を作る少年たち。手先が器用で仕事が細かい。バオバブの木を見に来たら、是非
見るべき。


このほかにも、首都のアンタナナリボに住む「メリナ族」とは、生活の様子が違います。
観光の一つとして、民族の違いを楽しむことも楽しみ方の一つとしておすすめです!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

福長 輝倖

マダガスカル・アンズズルベ特派員の福長 輝倖が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

マダガスカルマダガスカル/アンズズルベ特派員
名前:福長 輝倖

福長 輝倖

2017年9月から来マダ。海外で働きたい思いだけで、1年勤めた教師を辞め、マダガスカルの教育委員会で働いています。好きなもの、油分と塩分。走って食べて現地の情報を集めることに奮闘中。アンズズルベという田舎町から、日本と似ているマダガスカルの魅力をお伝えできれば。
個人ブログ:ともかく、うごこう!!
Facebook:福長 輝倖
メール:teruyuki517@gmail.com DISQUS ID @disqus_Md2hxwKKAt

アンズズルベ特派員トップにもどる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アンズズルベ特派員トップにもどる

トップ > アフリカ > マダガスカル > アンズズルベ特派員 > 民族の違いを楽しもう