× 閉じる

トップ > アフリカ > マダガスカル > アンズズルベ特派員 > ムルンダバ(第二回) 動物いっぱいキリンジ―国立公園

マダガスカルマダガスカル/アンズズルベ特派員ブログ

ムルンダバ(第二回) 動物いっぱいキリンジ―国立公園

カテゴリー:旅行・ツアー・ホテル 投稿日:2018年4月27日

ムルンダバでバオバブの木を見た後、どこ行こう。。。こうなったら「キリンジ―国立公園」がおすすめ。サルが三種類みえて、他の動物もたくさん見えます。僕はいけませんでしたが、ナイトサファリもありますよ!

① どうやって行けばいいの?
 キリンジ―国立公園は、ムルンダバの街から約2時間半離れています。なので、車のチャーターが必要です。「バオバブの木を見に行くこととセットにして、二日でいくら」みたいにするといいですよ!


② どんなところ?
8-1.JPG 8-2 (2).JPG
 こんな感じで、トイレもきれいな国立公園です。入場料が大人一人1000円(35000アリアリ)で、ガイド料が時間に応じてかかります。私の場合、時間は2時間のコースでも、十分な数の動物を見ることが出来ました!


8-3.JPG
 ガイドは、英語、フランス語、マダガスカル語の3か国語が話せるので安心。

③どんな動物がいるの?

横っ飛びのベローシファカ
普段は木の上にいるベローシファカ。しかし、地面を移動するときは横っ飛び!
8-4.JPG


チャイロキツネザルと私
チャイロキツネザルは、木から降りて木の実をたくさん食べます。警戒心が低く、まじかで見ることもできます
8-5.JPG


サルを食べるフサ
このフサという動物、サルを食べる肉食です。昼間は気温が高くない木陰にかくれています!
8-6.JPG

陸カメ
マダガスカル語で、カメは「スカチャ」と言います。ラッキーであればカメを見つけることが出来ます
8-7 (1).JPG


ヘビ
マダガスカル島には、毒があるヘビはいないそうです!一説によると、島なので外敵が少なく毒を持つ必要がなくなったそうな
8-8.JPG

 僕はいけませんでしたが、キリンジ―国立公園はナイトサファリがあります!しかも、ナイトサファリの方が動物が多いらしい! 宿泊もできるので、一晩泊ってナイトサファリを楽しむのもよいかも!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

福長 輝倖

マダガスカル・アンズズルベ特派員の福長 輝倖が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

月別記事一覧

特派員プロフィール

マダガスカルマダガスカル/アンズズルベ特派員
名前:福長 輝倖

福長 輝倖

2017年9月から来マダ。海外で働きたい思いだけで、1年勤めた教師を辞め、マダガスカルの教育委員会で働いています。好きなもの、油分と塩分。走って食べて現地の情報を集めることに奮闘中。アンズズルベという田舎町から、日本と似ているマダガスカルの魅力をお伝えできれば。
個人ブログ:ともかく、うごこう!!
Facebook:福長 輝倖
メール:teruyuki517@gmail.com DISQUS ID @disqus_Md2hxwKKAt

アンズズルベ特派員トップにもどる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アンズズルベ特派員トップにもどる

トップ > アフリカ > マダガスカル > アンズズルベ特派員 > ムルンダバ(第二回) 動物いっぱいキリンジ―国立公園