トップ > アフリカ > マダガスカル > アンズズルベ特派員 > ムルンダバのバオバブの木は、朝昼晩見に行こう 

マダガスカルマダガスカル/アンズズルベ特派員ブログ

ムルンダバのバオバブの木は、朝昼晩見に行こう 

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年4月21日

マダガスカルで初めてのバカンスを楽しんだ福長です。マダガスカルといえば、、、、、、
そう「バオバブの木」ですね! 星の王子様にも出てくるらしい。

そこで、「バオバブの木」で有名な「ムルンダバ」を今回から3回に分けて特集します!

① どうやってムルンダバへ行こう?


 首都のアンタナナリボからムルンダバまでの行き方は飛行機とバスの二つです。(車を友達とチャーターするのもあり。)そのうち、今回はバスを紹介。
7-1.JPG

バスは、「コティス」と呼ばれるタイプのバスがおすすめ。なぜかと言えば
・広い、WI-FIがついている!
7-2.JPG


首都のアンタナナリボから、ムルンダバまでは片道1300円(45000アリアリ)で行くことが出来ます。
コティスへ乗るなら、「コティスセンター」へ行こう!


② バオバブの木を見に行こう!

 バオバブの木はそのへんに生えてはいません。「車をチャーター」するしかありません。コティス降り場のあたりに、ドライバーがたくさんいるので、交渉しよう!金額は組むツアーによります! 


③ バオバブの木はいつ見たらよいか、「朝、昼、晩のすべて!」


朝のバオバブは、青い空とブサイクな悪魔の木(バオバブの木)がマッチします。
7-3.JPG

昼のバオバブ:「愛し合うバオバブ」と呼ばれている別種類のバオバブの木。確かに、激しく愛し合っています。
7-4.JPG

晩のバオバブ:カメラマンの人が教えてくれました。「雲がある夕方の方が、時間の変化を楽しめるよ」
7-5.JPG

バオバブの木は、ブサ可愛い形で、なぜかずっと見ていられる木です。また、バオバブの木の通りにいる人たちの生活の様子も民族が違うので、見てみると面白いですよ。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

福長 輝倖

マダガスカル・アンズズルベ特派員の福長 輝倖が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

月別記事一覧

特派員プロフィール

マダガスカルマダガスカル/アンズズルベ特派員
名前:福長 輝倖

福長 輝倖

2017年9月から来マダ。海外で働きたい思いだけで、1年勤めた教師を辞め、マダガスカルの教育委員会で働いています。好きなもの、油分と塩分。走って食べて現地の情報を集めることに奮闘中。アンズズルベという田舎町から、日本と似ているマダガスカルの魅力をお伝えできれば。
個人ブログ:ともかく、うごこう!!
Facebook:福長 輝倖
メール:teruyuki517@gmail.com DISQUS ID @disqus_Md2hxwKKAt

アンズズルベ特派員トップにもどる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アンズズルベ特派員トップにもどる

トップ > アフリカ > マダガスカル > アンズズルベ特派員 > ムルンダバのバオバブの木は、朝昼晩見に行こう 

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について