トップ > ヨーロッパ > イタリア > アンドリア特派員 > 南のフィレンツェ、レッチェを散策!

イタリアイタリア/アンドリア特派員ブログ

南のフィレンツェ、レッチェを散策!

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年2月25日

ボンジョールノ!!

先日は仕事のミーティングでレッチェに行って来ました!私が大好きなレッチェは、南のフィレンツェと呼ばれるほどバロック様式の建物が町中にあふれています。
そんなレッチェはローマ帝国時もとても大切な拠点でした。レッチェのすぐ近く、ブリンディシ市は有名なVia Appia(アッピア街道)の最終地点です。十字軍遠征もここから出発したこともあり、レッチェは古くから栄えた街でもありました。
レッチェに着くと、すぐに目に入るのが、アンフィテアトロ。コロッセオより小さいですが、円形闘技場の4分の1を見ることができます。残りの球技場はまだ道路の下に眠っています。
DSC01446.JPG

そのほかにも、レッチェには、フォロ・ロマーノやシアターも見ることができます。古代ローマ人が大好きだったテルメもありますが、土の下にまだ眠っています。

レッチェの周りには現在でこそ、オリーブ農園がたくさんありますが、昔はレッチョと呼ばれるどんぐりの木に似た木がたくさんあったそうです。そのため、名前がレッチェに。街の周りにあったレッチョは全て抜き、今はもっと食事に使えるオリーブが代わりに植えられたそうです。

時は代わりバロック時代。レッチェは、もともとあったロマネスク様式の教会などを全てバロック様式に変える運動が起こります。
バロック様式だからフィレンツェと同じ、、だとは思わないでください。
というのも、よーく見ると、全然フィレンツェとは同じではないのです。

IMG_20180205_133415.jpg
皆さんには、この果物、何に見えますか?
ザクロにオリーブ、ブドウ、イチジク。よく考えるとプーリアの特産品が!
ザクロは、イタリアでは、生産性や子沢山、繁栄などを象徴します。ブドウも実がたくさんなることから、ザクロと同じようなシンボルです。オリーブは平和を示し、イチジクも生産性や繁栄を示しています。
フィレンツェとは違うスタイルですよね?
使用されている石も、ピエトラ・レッチェーゼと呼ばれる白い石を使っています。とても柔らかい石のため、補修は大変ですが、その代わりフィレンツェにはない優しい光を作り出しています。

DSC01474.JPG

また、レッチェには多くのヘブライ人もいました。そのため、シナゴーグも各所に点在し、現在サンタクローチェ教会の横にあるシナゴーグがミュージアムとして一般公開されています。
DSC01488.JPG

お話しすると長くなってしまいますが、レッチェはぶらーっと散策するのがとても楽しいです。レッチェの方言を聞くことも面白いですし、ところどころに素敵な教会やレストランがあります!いらっしゃる際は、1時間のツアーで終わってしまうのではなく、丸一日楽しんで欲しいなぁと思います!
もちろん、レッチェでしか食べれないパスティチョットとコーヒーで休憩も忘れずに!
DSC01450.JPG

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

友里絵

イタリア・アンドリア特派員の友里絵が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イタリアイタリア/アンドリア特派員
名前:友里絵

友里絵

大学で言語学を専攻後、オーストラリアに移住。長いオーストラリア生活の後、突然旅行に出たくなり日英の翻訳をしながら世界中を旅するように。2015年8月より南イタリアのプーリア州で生活中。パートナーの農家でオリーブオイルの輸出をするかたわら、2018年からは、まだまだ知られていないプーリアの魅力の発信をモットーに、オーダーメイドのプーリア旅行を創るトラベルデザイナーとして活動開始中。 旅行に関するお問い合わせはこちらから。
Instagram:@lifeinpugliatravel
Twitter:@italia_jyoshi DISQUS ID @disqus_Rf9JRrlH6J

アンドリア特派員トップにもどる

その他のイタリアの特派員

イタリア その他の都市を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アンドリア特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イタリア > アンドリア特派員 > 南のフィレンツェ、レッチェを散策!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について