トップ > ヨーロッパ > イタリア > アンコーナ特派員 > No.36 イタリアで車を運転する時にとってもとっても重要な標識はこちらです

イタリアイタリア/アンコーナ特派員ブログ

No.36 イタリアで車を運転する時にとってもとっても重要な標識はこちらです

カテゴリー:交通・鉄道・航空 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2018年10月10日

みなさん、こんにちは。アンコーナ特派員の丹羽淳子(ニワアツコ)です。
先週、交通標識と表示について記事をUPさせていただきました。
が、基本的に"禁止"に関する標識について何も説明していなかったことに思い当たりました。
自分が既知のことですので、トリッキーな内容を書き綴りたくなっていたようです。ごめんなさい!

駐車の禁止事項に関しての標識ですが、一つ目はこちら。
IMG_20180615_181230-730x547.jpg
これ、本当によく見る標識です。
基本的に住居の門や、オフィス街の車の出入りするところに貼られています。
Passo Carrabile ... 車輛の通行路 という意味。
ですので、この標識の前のエリアは"駐車禁止"です。
道路標識として、この一本斜線の丸型看板もありますが、これも同様に、この道は「駐車禁止」という意味になります。

この1本斜線の標識よりも厳しいバージョンがこちらの×模様標識。
IMG_20180615_182233-730x547.jpg
こちらは"駐停車禁止"です。一定時間の駐車はもちろん、人の乗り降りでの停車も禁止です。

そしてこれも大事な禁止の表示。そうです、進入禁止のマーク。
日本と違って狭い道に、ぎゅうぎゅうに停まった駐車が道路をきちきちにふさいでいる場合が多いので、
進入禁止にはご注意くださいませ。のっぴきならないことになってしまいます!
IMG_20180615_180754-730x547.jpg

こちらはたまに見かける駐車禁止の道路標示。トラカラーの縁石横には駐停車禁止ですのでご注意を!
IMG_20180615_182301-730x547.jpg

最後に「え、こんなん許されるの?」な内容ですが、横断歩道から5mは駐車禁止、といった法律はありません。
基本的に、白色の歩道の線を踏んでいなければOK。
IMG_20180615_180754-730x547.jpgのサムネイル画像

この写真でも見ていただけるように、右側の車は青色の駐車線内に停まっています。
横断歩道との距離20㎝程度? 
日本での常識、横断歩道はみ私が良いもの、という感じで運転していると、これが本当に怖いんです。
特にベビーカーがとっても危険です。ですので、車の駐車が多く、狭い道は絶対に減速して走ってくださいね。

今回もお付きあいいただきありがとうございました。
では、またお会いしましょう
A Presto

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

丹羽 淳子

イタリア・アンコーナ特派員の丹羽 淳子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イタリアイタリア/アンコーナ特派員
名前:丹羽 淳子

丹羽 淳子

イタリアのAISワインソムリエ資格を取得したことをきっかけに、2015年よりイタリア マルケ州に移り、伊人パートナーとの生活を開始しました。現在は数社のイタリア企業から依頼を受けワインや蜂蜜を日本に紹介するエージェント業や、日本からのお客様のアテンドや翻訳業務などを行っています。InstagramFacebookでも情報を配信しています。質問やご相談はお気軽にこちらまでどうぞ。 DISQUS ID @disqus_44jkIAWfDx

アンコーナ特派員トップにもどる

その他のイタリアの特派員

アンコーナを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アンコーナ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イタリア > アンコーナ特派員 > No.36 イタリアで車を運転する時にとってもとっても重要な標識はこちらです

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について