トップ > ヨーロッパ > イタリア > アンコーナ特派員 > イタリアを代表するレストラン"Ristorante Uliassi:ウリアッシ"でモダンな魚料理を堪能

イタリアイタリア/アンコーナ特派員ブログ

イタリアを代表するレストラン"Ristorante Uliassi:ウリアッシ"でモダンな魚料理を堪能

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2018年6月27日

みなさんこんにちは、アンコーナ特派員の丹羽淳子(ニワアツコ)です。

日本住まいの時は、大阪に住んでいたということもあり、外食の機会が多く、美味しいお店や話題のお店に足繁く通っていましたが、 ここイタリアに来てからはなかなかそういうわけにもいかず、外に食べに行くとなると、まず、だれと食べるか、その次に何を食べるか、そしてどこで食べるか、などを考えてから、最後にお席を予約して、というイタリア的な流れに変わりました。
外食することが、日本よりも「特別」なことであるように考えられていることと、 日本のように「好きな時に好きなものを食べる」という自由度が低いことが原因なのかと思われます。
今回は「特別」な食事の中でも、ここ、アンコーナ/ファルコナーラマリッティマに移り住んでから、 ずーーっと行ってみたいと心の中で念じていた憧れのお店、Ristorante Uliassiをようやく訪れることができましたので、ぜひご紹介させていただきます。

Resize (9).jpg

Ristorante Uliassiは、アンコーナから北へ30㎞ほど上がったSenigallia:セッニガリアの街にあります。 Senigalliaも美しい砂浜を持つ街で、夏にはツーリストが大挙してやってきます。ですので、おいしいと定評のあるレストランも数多く、 このウリアッシも、ミシュランの二つ星を持つ名店の一つ。 地元の人たちにも名前はよく知られており、特にお魚料理が素晴らしいとのこと。

Resize (16).jpg

お店の外観は、はっきり言って海辺の「掘っ立て小屋」風。 高級レストランだとは、見ただけでは全くわかりません。
立っている場所も、海辺ではありますが、絶景が望めるというポジションでありません。
「超高級レストラン」をイメージして探すと、おそらく見落とされることになります。ご注意ください。
そして店内...
Resize (10).jpg

夜8時からの開店で、ほぼ時間通りに伺うと、店内はほのかに陽の光りが残り、ほの暗い状態。
調度品もとってもミニマムでモダン。こんなお店に行き慣れていない私にとっては「えらいあっさりしたインテリアやな」が正直な感想でしたが、おそらく、イタリアのハイセンスとはこのような感じなのでしょうね...。勉強になります。
さてお食事に関しては、二種類のコースが用意してあります。
イタリア語がわからなかったり、とにかくたくさん味見がしたいという方はこちらのコースをお勧めします。
色いろなお味(確か10皿程度)を食べ進めることができるコースと、クラシカルなコースだったと記憶します。
お値段はどちらも私が行った際には150ユーロ。飲み物代は含まれません。お食事だけで2万円程度ですね。
ちなみに彼らのサイトでは140ユーロと記載がありました。金額は変更されても、ビビッドにサイトは修正されない模様です。お気を付けください。

私たちはコースを選ばず、メニューから、プリモ、セコンドから一品ずつ選ぶことに。
デザートについては、すべてを食べてからの様子見で頼むことにしました。
いつもはプリモは抜くのですが、前評判(イタリア人たちの)で、「とにかくポーションが小さい」と聞いていたので、今回はフルコース仕様で挑むことにしました。

こちらが前菜として出てきたチャーム。 日本で言うところのお通しでしょうか...。ちなみに、メニューを選ぶ前にこちらが出てきたように記憶します。
Resize (12).jpg

フォアグラが使われていたり、昆布が使われていたりといままで食べたことのない物ばかり。
味もびっくりするほど洗練されていて、「素材の味が生きている」とはまさにこのことか!と、ここでもうすっかりと心をわしづかみにされました。

プリモに選んだのは、チャバットーニというパスタ料理。
平べったいパスタが好きな私はこちらで。。。ソースは牡蛎と昆布などが使われております。。
濃厚な海の香りがたまりません。

Resize (13).jpg

セコンドはこちら。
イシビラメのグリルに、イカ墨のソース...。
厚さは3㎝以上あると思います。どれだけ大きなヒラメなのでしょう? 
身はやわらかく、しっとり。日本でのお魚料理とは全然違いますね。

Resize (14).jpg

ここまでいただいて、もう結構おなかはいっぱい!胸もいっぱい!
本当に断腸の思いでデザートのオーダーは見送ることに...。

でも、最後にはお口直しでこんなに素敵なドルチェが!

Resize (15).jpg

全部、文句抜きでおいしかった。味の組み合わせ方が斬新でした。

気になるお値段ですが、プリモが30ユーロ、セコンドが38ユーロ、でした。
ですので、私たちが選んだ品数でしたら、コースでオーダーするよりも少し抑えた値段になりました。
ワインの種類も多くありますが、お手頃価格で30ユーロ程度からになります。

アンコーナからはちょっと遠いですが、イタリア好きの方、イタリア料理好きの方は、訪れてみられる価値があるお店だと思います。Senigalliaの街もかわいいのでお勧めです。
そうそう、Cenaの最後のほうで、オーナーシェフのマウロ ウリアッシ氏も出てきてご挨拶されていました。
私も定期的に訪れたいなぁ~。

では、素敵な一日をお過ごしください。
Buona giornata.

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
店名: Uliassi Ristorante
住所:Banchina di Levante, 6 _ 60019 Senigallia (AN)
営業時間:火曜日~日曜日(月曜休み)12.30 ~ 15.00、19.45 ~ 23.00
電話: 071 65463
WEBサイト:http://www.uliassi.it/
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

丹羽 淳子

イタリア・アンコーナ特派員の丹羽 淳子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イタリアイタリア/アンコーナ特派員
名前:丹羽 淳子

丹羽 淳子

イタリアのAISワインソムリエ資格を取得したことをきっかけに、2015年よりイタリア マルケ州に移り、伊人パートナーとの生活を開始しました。現在は数社のイタリア企業から依頼を受けワインや蜂蜜を日本に紹介するエージェント業や、日本からのお客様のアテンドや翻訳業務などを行っています。InstagramFacebookでも情報を配信しています。質問やご相談はお気軽にこちらまでどうぞ。 DISQUS ID @disqus_44jkIAWfDx

アンコーナ特派員トップにもどる

その他のイタリアの特派員

アンコーナを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アンコーナ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イタリア > アンコーナ特派員 > イタリアを代表するレストラン"Ristorante Uliassi:ウリアッシ"でモダンな魚料理を堪能

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について