トップ > ヨーロッパ > フランス > アンボアーズ(アンボワーズ)特派員 > 【ロワール地方・ショコラティエ】ロワール地方アンジェの青いチョコレート「ケルノン・ダルドワーズ」

フランスフランス/アンボアーズ(アンボワーズ)特派員ブログ

【ロワール地方・ショコラティエ】ロワール地方アンジェの青いチョコレート「ケルノン・ダルドワーズ」

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 投稿日:2019年2月 8日

さて、先日訪れたロワール地方(Pays de la Loire地方)アンジェの街といえば、思い浮かぶのが、中がヌガティーヌのブルーチョコレート。
Paneau1.jpg
アンジェのショコラティエ「La Petite Marquise ラ・プティット・マルキーズ」社の « Quernon d'ardoise ケルノン・ダルドワーズ» をご紹介します。

00.jpg

こちらは、Lices通りの本店です。ラ・プティット・マルキーズ社は、1940年代に創業。その後20年の月日を経て発展し、Michel Berrué ミッシェル・ブルエ氏の代になってから1966年、フランス語で「Friandiseフリアンディーズ(小さなお菓子類)」的なものをと考案されて生まれたのが、「Quernon d'ardoise ケルノン・ダルドワーズ」のブルーチョコレート。

0.jpg

Quernon D'ardoiseケルノン・ダルドワーズというチョコレートの名前も、DとArdoise アルドワーズがリエゾンして、ダルドワーズと発音されていますが、アルドワーズとは粘板岩(スレート岩)のこと。実は、アンジェ郊外には、この粘板岩が採取できる街があるくらい、昔から、粘板岩で有名な街でした。

2.jpg

店内にも、粘板岩らしき装飾↑。黒っぽい壁の装飾も粘板岩を思わせます。

7.jpg

定番パッケージのこちらの可愛らしい缶。街を流れるメーヌ川から、船で運搬していた粘板岩を川岸におろして作業している、昔のアンジェの人々の姿が描かれています。粘板岩はアンジェ城の城壁にも見受けられ、薄く、黒っぽい岩板が重なっているようなものがあれば、粘板岩です。
高台からアンジェの街を見下ろせば、街の住宅の屋根に使われている粘板岩が一望できます。一見、グレー色に見えますが、こちらのチョコレートでは青色に。

5.jpg

ケルノン・アルドワーズ、ブルーチョコレを一口で味わってみる。と、ホワイトチョコレートの味がふんわり。
ヌガティーヌと呼ばれる煮詰めたキャラメルにローストしたスライスアーモンドとヘーゼルナッツを加えて、先ほどの粘板岩のように四角くカット。そこへブルー色のホワイトチョコレートをコーティングすれば、ケルノン・ダルドワーズです。

6.jpg

昨年のクリスマスには、手土産にと、↑こちらの袋タイプのケルノン・ダルドワーズを購入。

4.jpg

(薄いオレンジ色にも見えますが)クリーム色をした手前のマカロンは、ホワイトチョコレートのガナッシュに乾燥オレンジが中に入っているペーストがサンドされたマカロンだそうで、アンジェ産コワントローのオレンジリキュール風味のマカロンとなります。

さて、どこかで見たことがある形だわと思えば、ビスケットメーカーLUの定番クッキー「Petit Beurre 」の形をした、ブルーチョコレート。

今回は、このブルーマカロンとクッキー型のチョコをお土産にして帰ってきました。

3.jpg

ブルーマカロンを友人とお茶をしながら食べてみる。マカロンには、アーモンドペーストキャラメルが挟んであります。さて、食べてみるとびっくり!あの「ケルノン・ダルドワーズ」のミニサイズなるものが、入っていました。ちょっと嬉しいサプライズ。
そして、ビスケット型のチョコ。どこから見ても、細部にわたり、LUのクッキーです。

8.jpg

口に入れてみると、柔らか~い。

9.jpg

さて、期間限定で日本でも以上の商品が発売されています(アンジェ本店での情報ですが各販売店によって取扱商品は異なるようです)。

日本での限定販売(2018年11月から2019年2月まで)
高島屋 / Felissimo / 大丸 / 伊勢丹 / 三越、
こちらの5店舗にて。

また、在フランスの方には、フランス全国発送もあり。
フランス国内発送
ラ・プティット・マルキーズ社のHP から購入可
※アンジェ観光局お土産コーナーでも購入可能です。

お土産にコンパクトで良さそうですね。
ぜひ、ロワール地方アンジェのお土産にいかがでしょうか?


La Petite Marquise
Quernon d'ardoise

22 Rue des Lices, 49100 ANGERS
月曜日 13:30 ~19:00
火曜日~土曜日:10:00 ~19:00
(日曜定休日)
https://quernon.fr/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

アンジボー由利子

フランス・アンボアーズ(アンボワーズ)特派員のアンジボー由利子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/アンボアーズ(アンボワーズ)特派員
名前:アンジボー由利子

アンジボー由利子

華道家・フラワーデコラティスト(受賞歴あり。2017年仏コンクール出場)。2001年、ロワール地方に語学&花留学。仏フロリスト国家資格C.A.P Fleuriste取得。アンジェ→パリ→(香港6年)→トゥールと、ロワール地方とパリ等、フランス在住歴は10年目になります。パリでは、有名フロリストの日本担当として、パリの花を日本へ発信。現在、通訳・翻訳・フリーライター・コーディネーターとしても活動。現地情報・花や庭園・食文化など取材のご連絡はこちらへどうぞ
。 お問合せ→: angibaudyuriko@gmail.com
HP→ www.yurikoangibaud.com DISQUS ID @disqus_exGbdeYxuS

アンボアーズ(アンボワーズ)特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

アンボアーズを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アンボアーズ(アンボワーズ)特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > アンボアーズ(アンボワーズ)特派員 > 【ロワール地方・ショコラティエ】ロワール地方アンジェの青いチョコレート「ケルノン・ダルドワーズ」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について