トップ > オセアニア > オーストラリア > アデレード特派員 > 北から南へソーラーカーが駆ける3000㎞のドラマ

オーストラリアオーストラリア/アデレード特派員ブログ

北から南へソーラーカーが駆ける3000㎞のドラマ

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / スポーツ・観戦 投稿日:2018年8月30日

春の南オーストラリアからこんにちわ。アデレード特派員のさくら麻美 です。

このアデレード!!でインターナショナルレベルのイベントがいくつかあるのですが、今回はその中でも有名なものを紹介しましょう。

その名も World Solar Challenge (ワールド・ソーラー・チャレンジ)です。

2年に一度の開催で次回は2019年。

↓日の暮れかかった公道をゴールに向けて走るソーラーカー(2017年のレースから)↓

001 ASA_1369.jpg

ソーラーと言えば、家の屋根についているソーラーパネルを思い出しますが、ソーラーカーはそのパネルを車体にはめ込んだ車

↓太陽エネルギーをいかに効率よく受けるか、ソーラーパネルの役目が重要です↓

DSC_1442-1.jpg

このチャレンジレースはソーラーカーで公道を走るというのもすごいのですが、実はもっとすごい事実が。。。

スタートはオーストラリア大陸北部ノーザンテリトリー、そしてゴールは南のこのアデレード、距離にして約3000㎞。

日本で言うと北海道から沖縄というくらい離れています(笑)。

そして大陸中部は砂漠。この悪い環境も含め、この距離を約7日間で走り切らなければなりません。

一日約400㎞を運転しなければならないのです、しかもソーラーカーで。

↓日本チームで唯一女性ドライバー、体重が軽めで余分な負荷を車にかけることなくエネルギーを長く持たせることができます

DSC_1370-1.jpg

最初に書きましたが、ソーラーカーは太陽のエネルギーを受けて走ります。7日間ずっと晴れているかどうかでレースの動向も変わるのです。自然の影響をかなり受けるレースであることには間違いないのです。

2017年は、天候不順の日があり蓄電ができず、悪戦苦闘したとか。

↓日本からは3大学、こちらはゴールを終えた工学院大学のメンバーたち

001 DSC_1292-1.jpg

ゴールできるだけでもすごい。。。

世界38都市から学生たちが作ったソーラーカーが集結しました。

DSC_1375-1.jpg

DSC_1395-1.jpg

公道でこんな車が走っていると近未来を感じます

DSC_1598-1.jpg

DSC_1614-1.jpg

2019年オーストラリア旅行を考えていらっしゃる方、レース開催時期にアデレードを予定に入れてみてはいかがですか?

世界から集まった学生たちが考えたソーラーカーを見るチャンスです。

次回レース

2019年10月13~20日(アデレードゴールは後半部19,20日となります)

ブリヂストン・ワールド・ソーラー・チャレンジ

(txt & photo Asami Sakura, 取材協力 ワールド・ソーラー・チャレンジ事務局)

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

さくら 麻美

オーストラリア・アデレード特派員のさくら 麻美が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

オーストラリアオーストラリア/アデレード特派員
名前:さくら 麻美

さくら 麻美

豪州で英語学校終了後、フォトグラフを学ぶ。現在は日本への情報発信や地元でのスポーツイベントでフォトグラファーとして活動中。南オーストラリアそしてアデレードのよさを日本の皆さんに伝えようとカメラを持って日々奮闘中。2018年後半から新たに個人向けの旅行プランニングをスタートさせる予定。南オーストラリア州のことならお任せください。 写真のページはこちら
ご連絡はこちら DISQUS ID @disqus_CrVTYR19eS

アデレード特派員トップにもどる

その他のオーストラリアの特派員

アデレードを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アデレード特派員トップにもどる

トップ > オセアニア > オーストラリア > アデレード特派員 > 北から南へソーラーカーが駆ける3000㎞のドラマ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について